@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合羽【かっぱ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合羽
かっぱ
江戸時代に流行したちりよけ,雨具防寒具。合羽はポルトガル語capaあて字で,15世紀後半南蛮文化とともに輸入され,日本語では南蛮蓑 (みの) と称した。ラシャでつくられ,色は黒,赤,緑などがあり,特に緋色猩猩緋 (しょうじょうひ) といって最高級品とされた。広げると丸いことから丸合羽と称されたが,18世紀後半になると縞木綿でつくられ,回し合羽または引回しとも呼ばれた。また,赤い桐油紙で作られた赤合羽もある。丸合羽をきもの仕立てにしたのが袖合羽であり,これを防寒具として独立させたのが被布 (座敷合羽) であった。また合羽の一種が短く四角い襟に特色のあるのが鷹匠合羽で,これを歌舞伎の道行に着用したところから道行が出現した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カッパ【合羽】
雨天の外出に用いる外套(がいとう)の一。ラシャ製のものが伝わったが、日本では綿布や紙に桐油(とうゆ)を引いて、形も、袖のない丸ガッパから着物風の袖ガッパになった。雨ガッパ
荷物・駕籠(かご)などの雨よけに用いる桐油紙

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かっぱ【合羽】
寒さや雨雪を防ぐために衣服の上に着用する外衣。語源はポルトガル語のカパcapaで,16世紀後半,日本に来航したポルトガル人やスペイン人などが着ていた〈袖もなくすそ広きもの〉(《四季草》)にちなむ。織田信長豊臣秀吉足利義昭など当時の支配者たちは早速これをまねて,西洋から献上された最高級羊毛布地の〈猩々緋(しようじようひ)〉(赤紫色)で同形のものを作らせ,カッハ,カハン,カッパなどと称して身辺に置き,権威の象徴とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

合羽
かっぱ

雨具と防寒具を兼ねた服飾品。合羽はポルトガル語のcápaから出たことばで、「合羽」は当て字である。わが国には15世紀の後半、南蛮文化とともに舶載された。それまでわが国の防寒、防雨具は、植物繊維で編んだ蓑(みの)であったが、合羽が当初「南蛮蓑」とよばれたのは、蓑と合羽の相似性のゆえである。合羽は広げると円形になるので丸合羽といわれ、また南蛮僧が着用していたところから坊主合羽ともいわれた。羅紗(らしゃ)製で、色は黒、赤、黄、緑などがあり、緋(ひ)色のものをとくに「猩々緋(しょうじょうひ)」とよんで、最高級品とした。豊臣(とよとみ)秀吉が、大坂城落成のおりに招待した南蛮僧が、天守閣の各層に合羽が下がっているのをみて驚嘆した話は有名である。紫ビロード地に周囲を金モールで飾った上杉謙信(けんしん)遺愛のものが、現在山形県米沢(よねざわ)市の上杉神社に蔵されており、水戸徳川家にも緑羅紗製品のものが残されている。羅紗は輸入品であり、そのうえ高価なものであったから、わが国では、わらび糊(のり)を使って和紙を継ぎ合わせて、その上に桐油(とうゆ)と柿渋(かきしぶ)を引いた紙合羽、桐油合羽がつくられた。のちには縞(しま)木綿を表に、絣(かすり)木綿を裏にして、防水用の渋紙を中入(なかいれ)にした廻(まわ)し合羽がつくられ、これを引き廻しともいって庶民の道中用にした。しかし、廻し合羽は着物には不便なので、着物仕立ての合羽が考案され、これを袖(そで)合羽とよんで男女とも利用した。

 江戸時代中期以降になると、羅紗を使った高価な袖合羽もしだいに一般化した。合羽は丈の長短により長合羽、半合羽といわれ、小者や庶民の間では半合羽ですませる男性もいた。合羽の普及に伴い、女性は雨具よりも防寒用具として高級織物でつくり、これをお座敷合羽あるいは被風(ひふ)とよんで利用した。被風は後の被布の前身であり、被風の流行は女の羽織を禁止するほどまでに至った。合羽の襟を角襟として、丈の短いものが、鷹匠(たかしょう)や餌差(えさ)しなどの人たちの間で用いられ、これが歌舞伎(かぶき)の『忠臣蔵』の勘平の扮装(ふんそう)に取り入れられ、お軽が道行に借用して着たところから、この合羽を「道行」というようになった。明治から大正にかけレインコートの普及に伴い合羽の需要はしだいに減少し、和服とその運命をともにしている。

[遠藤 武]

『遠藤武「南蛮伝来服飾考」(『和洋女子大学紀要』第4集所収・1956)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カッパ【合羽】
〘名〙 (capa) (「合羽」はあて字)
① キリシタンの僧侶の法服など、長くゆったりしたガウン状の上衣。
※西洋紀聞(1725頃)下「其法衣、ポルトガルの語には、カッパといふ。昔我俗其製に倣ひ、雨衣を作れり」
② ①をまねて作った防寒コート。はじめはラシャやビロードで作り、特に赤い色のものは猩々緋(しょうじょうひ)と呼んで、最高のものとされた。雨具としても用いられ、木綿で作った木綿合羽のほか、庶民の間では桐油(とうゆ)紙を用いた桐油合羽が用いられるようになった。元来、袖なしであったが、のちには袖のついたものもできた。明治以降、防寒具として用いられたものはマントと呼ばれるようになったので、もっぱら雨具としてのものをさすようになった。
※当代記(1615頃か)四「猩々皮のかっは」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「乱髪麻を(むし)り、必ず雨衣(〈注〉カッパ)を披く者は傖父(〈注〉いなかもの)の横浜を回る也」
③ (桐油合羽に用いられたところから) 桐油(とうゆ)紙。油紙。タバコ入れなどを作った。
※浮世草子・好色一代女(1686)六「継煙管(つぎきせる)を無理取に合羽(カッハ)の切(きれ)の莨菪(たばこ)入をしてやり」
④ 劇場や見世物の木戸口にいて往来の人にすすめて引き入れる役目の男。常に半合羽を着ていたところからというが、一説に、河童(かっぱ)のように人を引きずりこむところからともいう。引込(ひっこみ)。仕切(しきり)
※戯場訓蒙図彙(1803)叙「面白いとばかり思ふて仕廻しは、合羽(カッパ)に引込れて荷包(きんちゃく)の底をはたく見物」
⑤ 和船で甲板のこと。近世の代表的荷船である弁才船では、特に船首部二の間の上部に設けた水密(すいみつ)の甲板をいう。この下の船倉は主に綱・道具類を入れ、また、水主の居住区とする。
※漂流記(1863)「烈風大波起り、かっは〈舟の表潮を流す樋有所をいふ〉を打砕き」
[語誌](②について) (1)ポルトガル人の伝えた毛織物の capa を戦国武将たちは外衣として珍重した。厚手で防水性があり、ヨーロッパのすぐれた技術で染色された鮮明な緋色、黄、黒色が特に愛好された。
(2)「合羽」と当てられ、その形態も日本化されて、「雨合羽」「道中合羽」などの種類を生じ、材質も工夫されて庶民層にまで広がった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合羽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合羽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation