@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合衆国憲法制定会議【がっしゅうこくけんぽうせいていかいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合衆国憲法制定会議
がっしゅうこくけんぽうせいていかいぎ
Constitutional Convention
1787年5月 25日から9月 17日までアメリカのフィラデルフィアで開かれた合衆国憲法制定のための会議。表向きの目的は従来の地方分割的な連合規約の修正にあったが,実際には当初から中央集権的な新政府の樹立が目指された。 86年のアナポリス通商会議で A.ハミルトン提議によりこの会議の招集が議決され,ロードアイランドを除く 12の代表が参集。 74人の代表中 55人が会議に参加し,39人がこの憲法に署名した。代表の大半は,議長に選ばれた G.ワシントンをはじめ,B.フランクリンや J.マジソンら各邦の有産有識の名士によって占められた。会議では連邦議会の議員数を人口比例によるとするバージニア案 (大邦案) と各邦同数とするニュージャージー案 (小邦案) が対立し,結局下院は人口比例,上院は各邦同数という妥協が成立。また人口算定の基礎として奴隷5人を白人3人と数えること,奴隷を財産として課税の対象とすること,奴隷の輸入を 1808年までに廃止することで妥協した。この憲法草案は各邦の批准会議で激しい議論のうえ,翌 88年過半数の邦の賛成をもって発効した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合衆国憲法制定会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合衆国憲法制定会議の関連情報

関連キーワード

アメリカ独立革命史(年表)フランス革命史(年表)モーツァルト寛政の改革カノーバ寛政改革森羅万象フェデラリスツセシーユ桂川甫粲

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation