@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉兆

デジタル大辞泉プラス

吉兆
日本の料亭のグループ名、またその創業店である「本兆」の通称。1930年、大阪府大阪市で創業。1979年の東京サミットの午餐会食事を担当するなどして、高級料亭としての地位確立。1991年、創業者の子供たちがのれん分けによりそれぞれ独立。グループ企業にはほか神戸吉兆京都吉兆東京吉兆がある。吉兆の「吉」の漢字表記は正確には“つちよし”。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きっちょう【吉兆】
よいことが起こる前ぶれ。瑞祥ずいしよう。吉相。 ⇔ 凶兆

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きっ‐ちょう ‥テウ【吉兆・吉徴チョウ
〘名〙
① めでたいしるし。縁起のよいきざし。
※性海霊見遺稿(1396頃)東福羅漢供跋「以為吉兆、深秘在篋中
※大観本謡曲・木曾(室町末)「何となう陣取りしに、八幡の御地なるこそ吉兆なれ」 〔晉書‐劉聰載記〕
② 十日戎(えびす)の小宝(こだから)の異称。正月の十日戎の小宝売りの物売りが呼び声に「吉兆の小宝云々」といったところからいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きっ‐ちょう〔‐テウ〕【吉兆】
よいこと、めでたいことの起こる前ぶれ。吉相。⇔凶兆

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉兆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉兆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation