@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉島古墳【よしまこふん】

国指定史跡ガイド

よしまこふん【吉島古墳】
兵庫県たつの市新宮町吉島にある前方後円墳。揖保(いぼ)川右岸の標高250mの急峻な山塊の尾根上に立地する。1897年(明治30)に埋葬施設が開かれ、1925年(大正14)に梅原末治(すえじ)の論稿で、小規模ながら三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)4面を含む6面の銅鏡が出土した古墳と記されて、有名になった。1978年(昭和53)に国の史跡に指定された。全長36m、後円部径15m、前方部幅6.5mで、後円部を平野側に向け、前方部端には5mほどの尾根筋を切断した痕跡が認められ、埴輪(はにわ)や葺石(ふきいし)はみられなかった。埋葬施設は後円部中央に、全長5.3m、幅1.2mの竪穴(たてあな)式石室があり、割り石と河原石で築かれている。墳形は左右対称の整正な前方後円墳ではなく、ゆがみをもつ形態となっている。出土遺物はガラス玉38、土器破片1と東京国立博物館が所蔵する鏡6面。鏡はいずれも中国・漢からの輸入品の舶載鏡である。最寄り駅はJR姫新線播磨(はりま)新宮駅。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉島古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉島古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation