@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉田兼右【よしだ かねみぎ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

吉田兼右 よしだ-かねみぎ
1516-1573 戦国-織豊時代の神道家。
永正(えいしょう)13年4月20日生まれ。清原宣賢(のぶかた)の次男。従兄吉田兼満の養子となり,従二位,神祇大副(じんぎのたいふ)にすすむ。大内義隆(よしたか)ら戦国大名にまねかれ神道伝授おこない,また全国の神社との結び付きをはかるなど,吉田家の勢力拡大につとめた。元亀(げんき)4年1月10日死去。58歳。本姓は卜部(うらべ)。日記に「兼右卿記」,著作に「神道大意」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田兼右 よしだ-かねすけ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

よしだかねすけ【吉田兼右】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

吉田兼右
よしだかねみぎ
(1516―1573)
室町後期の神道(しんとう)家。吉田神道の大成者卜部兼倶(うらべかねとも)(吉田兼倶)の子で清原(きよはら)家を継いだ宣賢(のぶかた)の次子として永正(えいしょう)13年に生まれる。吉田家の当主兼満(かねみつ)に男子がないため、13歳で吉田家を継ぐ。1525年(大永5)叙爵、神祇権少副(じんぎのごんのしょうふ)に任ぜられ、以後累進して従(じゅ)二位神祇大副に至る。また、神祇管領長上として神道界に重きをなした。とくに戦乱の世にあって山口の大内義隆(おおうちよしたか)や越前(えちぜん)の朝倉孝景(あさくらたかかげ)らの戦国大名と親交を結び、しばしばその領国に下向(げこう)して、祈祷(きとう)や神道伝授を行った。他方、在地の郷村神主(かんぬし)層にも積極的な働きかけを行い、神道裁許状(さいきょじょう)や宗源宣旨(そうげんせんじ)の付与などを通して、吉田家と地方神社との結び付きを図っている。このような活動によって、兼倶没後一時停滞していた吉田家の勢力拡大に尽力し、その子吉田兼見(かねみ)(1535―1610)、神龍(しんりゅう)院梵舜(ぼんしゅん)とともに神祇道の宗家としての礎(いしずえ)を築いた。元亀(げんき)4年1月10日、58歳で没した。諡(おくりな)を唯神霊社という。[高橋美由紀]
『萩原龍夫著『中世祭祀組織の研究』増補版(1975・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

吉田兼右 (よしだかねすけ)
生年月日:1516年4月20日
戦国時代の神道家;公卿
1573年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田兼右」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉田兼右の関連情報

関連キーワード

天正ウラディスラフ2世ヤゲロウェツフェルナンド2世(カトリック王)元亀安土桃山時代(年表)フェルナンド春夢草カール[5世]フェルナンド[2世]ホルバイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation