@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉田松陰【よしだ しょういん】

美術人名辞典

吉田松陰
幕末の勤王家思想家・教育者。長州生。長州藩士杉百合之助次男。山鹿流兵学師範吉田家を継ぐ。名は矩方、通称は寅次郎、別号に二十一回猛士。江戸に出て、安積艮斎、山鹿素水、佐久間象山らに学ぶ。安政元年下田の米艦に搭乗を計り失敗、投獄ののち生家に閉されるが、ここで松下村塾を開き、高杉晋作久坂玄瑞伊藤博文山県有朋ら多くの門人を育てた。討幕論を唱え、老中間部詮勝暗殺を画策して投獄され、安政の大獄により獄中刑死した。安政6年(1859)歿、30才。明治22年贈正四位。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

吉田松陰
1830~59。長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後はで松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作や伊藤博文、山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄で死罪となった。
(2014-01-29 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

よしだ‐しょういん【吉田松陰】
[1830~1859]幕末の思想家・尊王論者。長州藩士。名は矩方(のりかた)。通称、寅次郎。欧米遊学を志し、ペリーの船で密航を企てたが失敗して入獄。出獄後、萩に松下村塾を開き、高杉晋作伊藤博文らの多くの維新功績者を育成。安政の大獄死。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

吉田松陰 よしだ-しょういん
1830-1859 幕末の武士,思想家,教育者。
文政13年8月4日生まれ。杉百合之助(ゆりのすけ)の次男。杉民治の弟。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。山鹿(やまが)流兵学師範の叔父(おじ)吉田大助の仮養子となり,兵学と経学をまなぶ。9歳のときから藩校明倫館で山鹿流兵学を教授。嘉永(かえい)3年から諸国を遊学して会沢正志斎,安積艮斎(あさか-ごんさい)らに従学。6年から佐久間象山(しょうざん)に砲術,蘭学をまなぶ。7年下田沖のアメリカ軍艦で密航をはかるが失敗。幽閉された生家に,安政4年松下村塾(もとは外叔父玉木文之進の家塾)をひらき,高杉晋作,伊藤博文らにおしえるが,安政の大獄で6年10月27日刑死した。30歳。名は矩方。通称は寅次郎。別号に二十一回猛士。
【格言など】身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬともとどめおかまし大和魂(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

吉田松陰
1830〜1859(天保元年〜安政6年)【思想家】高杉晋作、伊東博文らを教育。 堂々と幕府を批判して死罪に。幕末の思想家。教育者。長州藩士。長崎平戸へ遊学、兵学を学ぶ。江戸に上り、佐久間象山に師事、西洋砲術蘭学を学ぶ。ペリーが下田に来航したとき密航するが、失敗した。処分を受け、長州藩で投獄、後に幽閉された。幽閉中松下村塾を開き、高杉晋作、伊東博文らを教育。日米修好通商条約問題で幕府を批判し、再入獄。江戸へ移管されると、幕府の取り調べに対し幕政批判を展開したため、死罪となった(安政の大獄)。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

吉田松陰
 江戸時代終わりの萩藩志士[しし]の1人です。松下村塾[しょうかそんじゅく]で高杉晋作[たかすぎしんさく]や久坂玄端[くさかげんずい]など後に活躍した人たちを教えていました。しかし、幕府にとらえられ、刑死しました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

吉田松陰
河上徹太郎の小説。幕末の思想家、吉田松陰の人物像を描く。1968年、第21回野間文芸賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田松陰
山岡荘八の歴史小説。1968年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よしだしょういん【吉田松陰】
1830‐59(天保1‐安政6)
幕末の志士,教育者。諱(いみな)は矩方(のりかた),字は義卿,通称寅次郎。松陰は号。長州藩士杉百合之助の次男として萩郊外の松本村に生まれ,山鹿流兵学師範吉田大助の養子となった。叔父玉木文之進らの教育を受け,11歳で藩主に《武教全書》を講じて早熟の秀才であることを認められた。1850年(嘉永3)九州を巡遊して平戸に山鹿家を訪れ,家学の歴史を探った。翌51年には江戸に出て西洋兵学を知る必要性を痛感し佐久間象山に入門したが,直接原書につく勉強法には進まなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よしだしょういん【吉田松陰】
1830~1859 幕末の尊王論者・思想家。長州藩士。名は矩方のりかた、通称は寅次郎。兵学を学び、長崎・江戸に遊学、佐久間象山に師事した。ペリー再来の時、密航を企てて、下獄。のち萩の自邸内に松下村塾を開き、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文ら維新の指導者を育成。安政の大獄に連座、刑死した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吉田松陰
よしだしょういん
[生]天保1 (1830).8.4. 長門
[没]安政6 (1859).10.27. 江戸
江戸時代末期の思想家,尊王論者(→攘夷論)。名は矩方(のりかた),通称は寅次郎,号は二十一回猛士。父は長州藩士杉百合之助。5歳のとき叔父吉田大助の養子となり,山鹿流軍学の家学を継ぎ,長州藩兵学師範となった。嘉永3(1850)年兵学研究のため長崎に遊学し,他藩士との交流を深め,翌同 4年江戸に出て,佐久間象山に入門し,脱藩して宮部鼎蔵と東北を旅し,御家人召放しの処分を受けて,閉居した。嘉永6(1853)年許されて再び江戸に行き,象山に洋学を学んだ。安政1(1854)年マシュー・C.ペリーの浦賀再来の際,海外密航を企てたが失敗し,萩(→山口県萩市)の野山獄に投獄された。翌同 2年出獄し,叔父玉木文之進の塾を受け継ぎ,同 4年には自邸内に松下村塾(2015世界遺産)を開いた。松下村塾からは高杉晋作久坂玄瑞,井上聞多(井上馨),伊藤博文尊王攘夷運動の指導者が輩出した。翌同 5年条約勅許,将軍継嗣問題をめぐって攘夷を主唱し,三たび下獄,江戸に送られ刑死した(→安政の大獄)。著書『講孟余話』(1855自序,1856刊行),『幽囚録』(1856自跋),『留魂録』(1859)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

吉田松陰
よしだしょういん
(1830―1859)
幕末期長州藩の志士、思想家、教育者。幼名は大次郎(だいじろう)・寅次郎(とらじろう)・寅之助、名は矩方(のりかた)、号を二十一回猛士という。生家は無給通(むきゅうどおり)、23石取。父は杉百合之助(すぎゆりのすけ)(1804―1865)、松陰は次男であった。幼くして吉田家に養子となったが、同家は大組(おおぐみ)で禄高(ろくだか)40石、山鹿流(やまがりゅう)兵学師範の家であった。
 松陰30歳の短い生涯は多難に満ちている。しかし、これは大別すると3期に分けることができる。第1期は18歳までの少年時代、第2期は24歳までの遊学時代、第3期は獄中時代(松下村塾(しょうかそんじゅく))である。
 少年時代、叔父玉木文之進(たまきぶんのしん)や兵学者山田宇右衛門(やまだうえもん)(1813―1867)、山田亦介(またすけ)(1808―1864)から兵学に関する教育を受けた。1838年(天保9)9歳のとき藩校明倫館(めいりんかん)で山鹿流兵学の講義をしたが、これから毎年一定期間明倫館で教授することになった。11歳のとき藩主毛利敬親(もうりたかちか)の前で「武教全書」を講義し、その巧みさに藩主を驚かせた。1844年(弘化1)15歳のときふたたび藩主に講義する機会があり、激賞を受け褒賞を下賜された。
 1848年(嘉永1)19歳で明倫館師範となったが、このとき明倫館再興に関する意見書を提出している。同年、御手当御用掛となり山陰海岸の砲台を巡視し、海防についての報告書を提出する。20歳のとき藩府の許可を得て九州を遊学し、熊本で盟友宮部鼎蔵(みやべていぞう)を知る。21歳のとき兵学研究のため藩主に従って江戸へ出て、佐久間象山(さくましょうざん)らについて広く学ぶ。22歳のとき東北視察に出発するが、藩府の許可を得ない無届出奔であったため、翌1852年の帰藩時、亡命の罪を問われ士籍と禄高を没収される。しかし、藩主敬親の特別の計らいにより、10年の諸国遊学が許される。24歳のとき萩(はぎ)を出発して江戸へ向かうが、途中京都で諸国の志士と交遊を深める。
 1854年(安政1)25歳のとき浦賀に再度来航したアメリカ軍艦に乗り込み、同志金子重之助(1831―1855)とともに海外渡航を企てるが失敗し、幕府に自首する。このため、江戸伝馬町(てんまちょう)の獄舎に入る。幕府は松陰を萩に送り、野山獄(のやまごく)に入る。27歳のとき、藩府は出牢(しゅつろう)を許して生家での禁錮(きんこ)を命ず。出牢した松陰は近隣の子弟を集めて塾を開くが、この塾が、玉木文之進の始めた松下村塾(当時隣家の久保氏が教授)と合体し、やがて松陰が主宰者となる。29歳のとき、松陰は同志17名と血盟し、「安政(あんせい)の大獄」を未然に防止しようと老中間部詮勝(まなべあきかつ)の要撃策を企図する。目的達成のため、この案を藩府要人に示して後援を求めるが、藩府は松陰を危険人物視してふたたび投獄する。松陰は獄中においてもこの策を推進するため門人を動かすが、門人たちも投獄されてこの策は失敗する。1859年30歳のとき、幕府は藩府に松陰の江戸送致を命ずる。江戸に着いた松陰は同年(安政6)10月27日、伝馬町の獄で刑死する。
 松陰の思想は、読破した多くの書籍と恩師や友人から得たいろいろな考えを蓄積して形成された。国禁を破り海外渡航を企てた松陰の考えは「規諫(きかん)の策」であり、外国の実情を実際に見聞してそれを藩主に規諫(直接訴えいさめる)しようとしたものであった。老中間部詮勝要撃策の破綻(はたん)したとき、松陰の到達した考えは「草莽崛起(そうもうくっき)」であった。これは松陰と志を同じくする多くの者が広く立ち上がり、幕府を包囲攻撃するということであった。このような松陰の思想の特徴は、「至誠留魂」の語にみられるように、真心をもって事にあたれば、おのずから志を継ぐ者が現れ道は開けるものだという信念であった。ここに思想と実践の一体化した松陰教育の確信があった。この教育のなかから、高杉晋作(たかすぎしんさく)、久坂玄瑞(くさかげんずい)、伊藤博文(いとうひろぶみ)、山県有朋(やまがたありとも)、吉田稔麿(よしだとしまろ)など、幕末維新期に活躍する門下生が育ったのであった。著述、書簡などを収めた『吉田松陰全集』がある。墓は東京都世田谷(せたがや)区若林町松陰神社。[広田暢久]
『『吉田松陰全集』全11巻(1972~1974/新装版・2012・大和書房) ▽奈良本辰也著『吉田松陰』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

吉田松陰 (よしだしょういん)
生年月日:1830年8月4日
江戸時代末期の長州(萩)藩士
1859年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よしだ‐しょういん【吉田松陰】
幕末の尊王論者、思想家。長州藩士。杉常道の二男。名は寅次郎。吉田家の養子。ペリー浦賀再来の時海外密航を企て失敗し、萩の野山獄に入れられた。出獄後の安政三年(一八五六)玉木文之進が創設した松下村塾を継いで、尊王攘夷運動の指導者を育成した。安政の大獄で刑死。天保元~安政六年(一八三〇‐五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

吉田松陰
よしだしょういん
1830〜59
幕末の思想家・尊攘派志士
長州藩士。山鹿流兵学の家学を継いだが,のち江戸で佐久間象山に師事。1854年ペリー再来のとき金子重之助と海外密航を企て失敗し,萩で下獄。出獄後自宅内に松下村塾を開き,門下から高杉晋作 (しんさく) ・久坂玄瑞 (げんずい) ・木戸孝允 (たかよし) ・伊藤博文・山県有朋 (ありとも) らの俊才を生む。安政の大獄により江戸伝馬町ので刑死した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田松陰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉田松陰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation