@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉田玉造【よしだたまぞう】

世界大百科事典 第2版

よしだたまぞう【吉田玉造】
文楽人形遣い。(1)初世(1829‐1905∥文政12‐明治38) 本名吉倉玉造。大坂生れ。通称は子どもの玉助と区別して親玉。は同じ文楽人形遣いの吉田徳造。11歳で初舞台。子役名声を博し長ずるに及んで立役,女方を兼ねた人形遣いの立者(たてもの)として,幕末から明治にかけて名人の誉れ高く,1872年には竹本春太夫(5世)とともに人形遣いで初めて紋下(櫓下(やぐらした))の位置に据えられた(松島文楽座)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

吉田玉造
よしだたまぞう

文楽(ぶんらく)人形遣い。

[山田庄一]

初世

(1829―1905)本名吉倉玉造。人形遣いの吉田徳造の次男として大坂に生まれる。11歳で初舞台、玉造を名のる。幕末から明治にかけて浄瑠璃(じょうるり)の3世竹本長門太夫(ながとだゆう)、三味線の2世豊沢(とよざわ)団平とともに三名人と称され、1872年(明治5)松島文楽座の初興行から5世竹本春太夫とともに人形遣いとして初めて紋下(もんした)となった。立役(たちやく)、荒物(あらもの)、道化のほか動物をも得意とし、とくに早替り、宙乗りなどのけれんに長じ人気を集めた。息子の初世玉助に対して通称を親玉という。

[山田庄一]

2世

(1866―1907)本名津田源吉、のちに佐々木熊次郎。9歳で初世玉助に入門、玉七を名のる。師の没後1889年(明治22)2世玉助、さらに1906年(明治39)2世玉造を襲名したが翌年没。温厚な人柄で二枚目や女方に長じた。

[山田庄一]

3世

(1860―1926)本名中野卯之助(うのすけ)。大坂生まれ。1878年(明治11)初世玉助に入門、玉松を名のる。1909年(明治42)3世玉造を襲名、のち事情あって玉蔵と改めた。立役、女方ともに優れ気品ある芸であった。

[山田庄一]

4世

(1885―1948)本名林安太郎。3世に入門、玉市から2世玉松、玉蔵を経て1942年(昭和17)4世を襲名。荒物遣いとして活躍した。病に倒れて林蔵と改め、1月26日自殺した。

[山田庄一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田玉造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉田玉造の関連情報

関連キーワード

ピウス8世ユゴーギリシャ独立戦争ギリシア解放戦争ショパン土岐貞範ウィリアムズエンデオズーフポンペ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation