@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉田茂【よしだ しげる】

美術人名辞典

吉田茂
政治家。東京生。号は素准。東大卒。外務省に入り、公使大使歴任戦後東久邇宮幣原内閣の外相を経て、昭和21年自由党総裁となり組閣。以後昭和29年まで五次に至る内閣を組織する。この間サンフランシスコ会議首席全権として対日平和条約・日米安保条約調印。ワンマン宰相として知られ、引退後も保守本流元老として政界に巨大な影響力を持った。昭和42年(1967)歿、89才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

よしだ‐しげる【吉田茂】
[1878~1967]外交官・政治家。東京の生まれ。奉天総領事・駐英大使などを歴任。戦後、外相を経て自由党総裁となり、以後、五次にわたって内閣を組織。サンフランシスコ講和条約・日米安保条約を締結。→片山哲鳩山一郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典

吉田茂
1878〜1967(明治11年〜昭和42年)【政治家】葉巻きをくわえたワンマン宰相。 軽軍備・経済重視の吉田ドクトリンが戦後復興の指針に。第二次大戦後の政治家。東京都神田生まれ。東大卒。外務省に勤務、駐英大使などを勤める。戦争に否定的だっため、第二次大戦中は反政府活動の嫌疑で憲兵隊に拘置された。戦後は東久邇(ひがしくに)・幣原(しではら)両内閣の外相となる。1946年5月日本自由党総裁として第一次吉田内閣組閣、以後5回の政権で、吉田ドクトリンにより占領から講和・独立までの戦後日本復興の枠組みを作った。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よしだしげる【吉田茂】
1878‐1967(明治11‐昭和42)
第2次大戦後の占領体制下における日本の保守政治を代表する政治家。土佐自由党の士竹内綱たけのうちつな)の五男として東京に生まれる。幼時に貿易商吉田健三の養子となる。自由民権の志士であり自由党の幹部であった竹内綱が実父であったこと,イギリスと関係の深い貿易商である吉田健三が養父であったこと,宮廷を背景とする政界の黒幕である牧野伸顕が岳父であったこと,これらの生活環境が吉田茂に儒教的・英米派的・実業的政治感覚を植えつけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よしだしげる【吉田茂】
1878~1967 政治家。東京生まれ。東大卒。土佐の旧自由党領袖竹内綱の五男。吉田家の養子となる。牧野伸顕の女婿。外務次官、駐伊・駐英大使などを歴任し、第二次大戦後、外相。1946年(昭和21)第一次内閣、48~54年第二次から五次に至る内閣を組織。51年、サンフランシスコ講和条約・日米安全保障条約に調印。戦後の国際関係における日本の路線を方向づけた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吉田茂
よしだしげる
[生]1878.9.22. 東京
[没]1967.10.20. 神奈川,大磯
政治家。竹内綱の五男。吉田家を継ぐ。 1906年東京大学卒業。イギリス,中国などの領事を経て外務次官 (1928) ,イタリア,イギリス各大使となり,1939年退官。第2次世界大戦末期には和平工作に努力,1945年東久邇,幣原両内閣の外務大臣。 1946年日本自由党総裁。同 1946年5月第1次吉田内閣を組閣,新憲法を制定。 1947年4月選挙で社会党に敗れて辞職。 1948年 10月第2次,1949年2月第3次内閣を組織,1951年9月対日講和会議の首席全権として講和条約日米安全保障条約に調印。 1952年 10月第4次内閣を組織,1953年3月暴言問題で首相懲罰動議,内閣不信任案が可決され国会を解散 (→ばかやろう解散 ) 。同 1953年5月第5次内閣を組織したが,1954年造船疑獄に指揮権を発動,国会内外の非難と党内反吉田派の大量脱党で 12月総辞職,政界を引退した。しかし,直系の池田勇人佐藤栄作両内閣のもとで元老的地位を保持した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

吉田茂
よしだしげる
(1878―1967)
政治家。第二次世界大戦後の占領下から独立回復期にかけて5次、計7年の間、首相として戦後日本政治の方向を定めた。土佐自由党の指導者竹内綱(たけのうちつな)の五男として東京に生まれ、横浜の貿易商吉田健三の養子となる。養母士子(ことこ)の家系から儒学の影響を受け、杉浦重剛(すぎうらしげたけ)の日本中学で学んだことから、漢学の素養、国士風の思想、ブルジョア趣味とが混じり合って、のちに「ワンマン」といわれる個性が生まれた。学習院を経て1906年(明治39)東京帝国大学政治学科を卒業、外務省に入る。同期に後の首相広田弘毅(ひろたこうき)がいた。妻は明治の元勲大久保利通(おおくぼとしみち)の二男で内大臣の牧野伸顕(まきののぶあき)の娘雪子。中国勤務が長くとくに奉天総領事として日本の権益拡張を図った。1928年(昭和3)田中義一(たなかぎいち)内閣に自薦して外務次官となるが、翌1929年浜口雄幸(はまぐちおさち)内閣のリベラル外相幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)の手で駐伊大使に転出。1936年広田内閣に外相か内閣書記官長として入閣のはずが、「親英米派」を理由に軍部が反対、駐英大使となる。日独防共協定に終始反対したこと、また太平洋戦争末期に近衛文麿(このえふみまろ)元首相らと和平工作を企て陸軍刑務所に収監されたことで、戦後に和平主義者として復活した。東久邇稔彦(ひがしくになるひこ)、幣原両内閣の外相を務め、GHQ(連合国最高司令部)との交渉役としてマッカーサー総司令官と知り合う。1946年(昭和21)5月組閣直前に自由党総裁鳩山一郎(はとやまいちろう)が追放された後を受けて、第一次吉田内閣を組閣、外相を兼ねた。憲法改正など占領改革のほとんどに反対であったが「良き敗者」としてマッカーサーに協力。翌1947年二・一ゼネスト禁止後の総選挙で社会党が第一党となると、いさぎよく下野した。1948年10月芦田均(あしだひとし)内閣が汚職で総辞職したあと第二次吉田内閣を組織、経済復興に力点を移した米占領政策に忠実に、経済安定九原則の実施と大幅な行政整理を行い、朝鮮戦争が始まる(1950)と、警察予備隊創設による日本再軍備、レッド・パージと「逆コース」に協力した。また「吉田学校」に集う旧官僚の政界進出を図り、池田勇人(いけだはやと)、佐藤栄作両首相につながる保守本流路線を確立した。1951年全面講和論を退けて自由主義諸国と対日講和条約を結び、さらに日米安全保障条約の締結によって軽軍備による経済発展を目ざしたことは、アメリカの冷戦戦略に日本を組み込むこととなり、外交の自主性を失ったという批判は絶えない。1954年党内外の非難を浴び退陣したが、引退後も元老として影響力を持ち続け、高度経済成長の仕掛け人として死後に評価が高まっている。[袖井林二郎]
『猪木正道著『評伝吉田茂』全4巻(1981・読売新聞社) ▽ジョン・ダワー著、大窪愿二訳『吉田茂とその時代』上下(1981・TBSブリタニカ/中公文庫) ▽三浦陽一著『吉田茂とサンフランシスコ講和』上下(1996・大月書店) ▽高坂正尭著『宰相吉田茂』(2006・中公クラシックス) ▽原彬久著『吉田茂――尊皇の政治家』(岩波新書) ▽岡崎久彦著『吉田茂とその時代』(PHP文庫) ▽井上寿一著『吉田茂と昭和史』(講談社現代新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よしだ‐しげる【吉田茂】
外交官、政治家。東京出身。竹内綱の五男。吉田家の養子。外務省にはいり、駐英大使などを歴任。昭和二一年(一九四六)自由党総裁に就任。のち五期にわたって首相をつとめ、第二次大戦後の再建期を指導。同二六年対日講和条約、日米安全保障条約を結び戦後の日米関係を決定した。明治一一~昭和四二年(一八七八‐一九六七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田茂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉田茂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation