@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉祥天【きちじょうてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吉祥天
きちじょうてん
Śrimahādevī
仏教の女神。本来はベーダおよびヒンドゥー教に現れ,美,幸運,繁栄,豊穣をもたらす神とされる。一説にはアーリア人がインドに侵入する以前の,先住民のもつ豊穣の女神かともいわれる。ヒンドゥー教では,ビシュヌ神の神とされ,シュリー・ラクシュミーとも呼ばれるが,元来シュリー女神はラクシュミー女神と別個のものであり,ウパニシャッドにおいて互いに融合したという説がある。仏教では毘沙門天の妃とされ,同様に富,美,繁栄,豊穣をもたらすとされる。像容は普通,唐服の貴女の姿で,左手に玉を持つ立像が最も多いが坐像もある。日本では 8世紀以来信仰され,残された彫像,画像も多い。彫像では 8世紀のものとして東大寺法華堂(三月堂,塑造),法隆寺のほか奈良西大寺の乾漆像,唐招提寺の銅板押出像などが有名。平安時代には各地で多数つくられ,奈良当麻寺,法隆寺,京都広隆寺,岡山安養寺,鳥取学行院,岩手成島の毘沙門堂などの諸像がある。鎌倉時代の代表作として京都浄瑠璃寺,滋賀園城寺の像があげられる。また坐像の作例では奈良興福寺の像(南北朝時代)が知られる。画像では奈良薬師寺に伝わる天平時代作のものが著名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉祥天
きっしょうてん
吉祥天」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きちじょう‐てん〔キチジヤウ‐〕【吉祥天】
《〈〉Śrī-mahādevīの訳》福徳を授ける仏教守護の女神。父は徳叉迦(とくしゃか)、母は鬼子母(きしも)。毘沙門天(びしゃもんてん)の妻とされる。ふつう立ち姿の天女で、左手に如意(にょい)宝珠を捧げ、右手施無畏印(せむいいん)をつくる。功徳天。宝蔵天女。きっしょうてん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きっしょう‐てん〔キツシヤウ‐〕【吉祥天】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きっしょうてん【吉祥天】
功徳天(くどくてん)ともいい,〈きちじょうてん〉とも読む。インド古代神話ではラクシュミーLakṣmī(シュリーŚrī)といわれ,美,幸運,富の女神である。ラクシュミーはビシュヌ神の妃で愛の神カーマの母とされる。この世にさまざまな姿をとって現れる(権化,アバターラ)というビシュヌの神話が形成される過程で,多くの要素を統合しながらその妻として確立されたと思われる。したがって起源についても多くの説があるほか,蓮華,象など多様な事物とも関連づけられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きちじょうてん【吉祥天】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きちじょうてん【吉祥天】
Śrīmahādevī 天部の一。もとインド神話の神で、ビシュヌ神の妃とされたが、仏教では徳叉迦とくさかを父に、鬼子母神を母に生まれ、毘沙門天の妃とされる。福徳安楽を与え、仏法を護持する天女。通常、天衣宝冠を着け、左手に如意宝珠を捧げ持つ。吉祥天女。きっしょうてん。功徳天。宝蔵天女。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きちじょう‐てん キチジャウ‥【吉祥天】
仏語。もとバラモン教の女神で、のちに仏教に入って天女となる。顔かたちが美しく、衆生に福徳を与えるという女神。父は徳叉迦、母は鬼子母神で、北方の毘沙門天の居城に住むとされる毘沙門天の妻(あるいは妹)という。日本では金光明最勝王経会や吉祥悔過会の主尊としてまつられた例が多く、像容はふつう宝冠、天衣をつけ、右手を施無畏印、左手に如意宝珠をのせ、後世も美貌の女神として親しまれる。奈良薬師寺の画像、東大寺法華堂の塑像、京都浄瑠璃寺の木像は特に名高い。吉祥功徳。吉祥天女。吉祥女。吉祥神。きっしょうてん。
※続日本紀‐神護景雲元年(767)八月一六日・宣命「吉祥天の悔過を仕へしめ奉るに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きっしょう‐てん キッシャウ‥【吉祥天】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉祥天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉祥天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation