@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉祥寺【きちじょうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吉祥寺
きちじょうじ
東京都西部,武蔵野市東部の地区。 JR中央線と京王電鉄井の頭線の接続する駅付近は西郊の商業中心地域をなす。近年都営公団住宅建設が進み,住宅衛星都市的な性格を強めている。大学も多く,学園都市でもある。地名由来は,江戸時代,在の水道橋の地にあった吉祥寺の門前住民をこの地に移し新田開拓をさせたことによる。地区外南部 (三鷹市) に井の頭公園がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きちじょう‐じ〔キチジヤウ‐〕【吉祥寺】
東京都文京区本駒込にある曹洞宗の寺。山号は諏訪山。長禄2年(1458)太田道灌江戸城和田倉門内に創建開山青巌周陽。天正18年(1590)徳川家康入城で、神田駿河台に移り、さらに明暦3年(1657)の大火後、現在地に移転。文禄4年(1595)創始の旃檀林(駒沢大学前身)は江戸時代曹洞禅学の中心。
東京都武蔵野市の東半部の地名。住宅地。明暦の大火後、門前町の人々が移住して新田を開いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

吉祥(きちじょう)寺
△愛媛県西条市▽にある寺院。真言宗東寺派。山号は密教山、院号は胎蔵院。本尊毘沙門天は「米持ち大権現」とも呼ばれる。四国八十八ヶ所霊場第63番札所。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きちじょうじ【吉祥寺】
東京都武蔵野市東部の地名。地名の起りは,明暦の大火(1657)の翌年火事により神田水道橋ぎわにあった曹洞宗の吉祥寺が駒込へ移転したが,その門前は火除地(防火帯)として住民が立ちのきを命ぜられ,この武蔵野の地の新田開発(吉祥寺新田)をしたことに始まる。付近一帯の道路網は現在でも短冊型の新田地割りをよく残している。1899年甲武鉄道(現,中央本線)の駅の誘致に成功し,1934年には帝都電鉄(現,京王帝都電鉄井の頭線)が吉祥寺まで延長され,交通の便がよくなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きっしょうじ【吉祥寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きちじょう‐じ キチジャウ‥【吉祥寺】
[一] 東京都文京区本駒込にある曹洞宗の寺。山号は諏訪山。長祿年間(一四五七‐六〇)太田道灌が青厳周陽を開山に江戸城の和田倉門内に創建。天正一八年(一五九〇)徳川家康が江戸城造営の際神田台(水道橋北側)に移し、明暦三年(一六五七)の大火ののち現在地に移転。文祿四年(一五九五)曹洞禅の修学のために旃檀林(せんだんりん)を創始した。
[二] 東京都武蔵野市の東部、中央線吉祥寺駅を中心とする一帯の地名。明暦の大火後、吉祥寺門前町の住民がこの地に転居したところから、その名がある。現在は住宅地として発展し、JR中央本線、京王井の頭線が通じる駅前は、商業集積がいちじるしい。
[三] 北九州市八幡西区吉祥寺町にある浄土宗の寺。山号は誕生山。浄土宗鎮西流の始祖、大紹正宗国師(弁長)誕生の地。
[四] 宮崎県宮崎郡佐土原町にある法華宗(本門流)の寺。山号は恵日山。天正六年(一五七八)佐土原藩主島津以久が、日種を開山に創建。佐土原鬼子母神。きっしょうじ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉祥寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉祥寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation