@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉良氏【きらうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吉良氏
きらうじ
清和源氏。 (1) 三河吉良氏 足利氏の庶流。鎌倉時代初期,足利義兼の3男義氏が給与された三河国吉良荘に,義氏の嫡子長氏が住み,吉良と呼ばれた。室町時代には足利一門として栄えた。のち高家 (こうけ) として,江戸幕府に仕えたが,義央 (よしなか) が赤穂浪士に殺されたため,いったん家名断絶,のち再興した。 (2) 陸奥吉良氏 義氏の子義継をとする。南北朝時代,室町幕府奥州探題として陸奥に下る。のち関東公方に仕え,武蔵世田谷に移った。次いで小田原北条氏に属して,武蔵国久良岐郡蒔田に移り,江戸幕府に仕えてのち蒔田氏を称した。 (3) 土佐吉良氏 平治の乱で土佐に流された源頼朝の弟希義を祖とする豪族土佐国吾川郡吉良荘を領し,氏名とする。戦国時代に長宗我部元親に滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きらうじ【吉良氏】
(1)清和源氏。足利氏庶流。三河国吉良荘より起こり,3流に分かれる。(a)嫡流西条吉良氏。鎌倉中期,足利義氏の長子長氏が吉良荘を譲られ吉良氏を称する。長氏の孫吉良貞義は足利尊氏の六波羅探題討滅をたすけ,貞義の子満義以来室町幕府の引付頭人を世襲。義郷にいたり織田信秀と結んで今川義元に抗したが1536年(天文5)敗死。弟義昭は徳川家康に下ったが,63年(永禄6)三河一向一揆に推されて家康に背き,近江に走り,のち摂津で戦死した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

吉良氏
きらうじ
鎌倉時代に成立した武士団。清和源氏(せいわげんじ)足利義氏(あしかがよしうじ)の長子長氏(ながうじ)が、三河国(みかわのくに)吉良庄(きらのしょう)(愛知県西尾市吉良町地区)地頭職(じとうしき)を名字(みょうじ)の地として独立。その出自から、代々の惣領(そうりょう)は足利一族中の名門の地位を占め、越前(えちぜん)(福井県)、三河守護職にも就任。室町幕府成立後、惣領の満義(みつよし)、庶子の貞家(さだいえ)はともに引付頭人(ひきつけとうにん)の要職につき、貞家は奥州管領(かんれい)にも抜擢(ばってき)された。しかし足利直義(ただよし)派に属して観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)(1351)以後に衰退。室町中期には、貞家の子孫は武蔵国(むさしのくに)世田谷(せたがや)(東京都)に拠(よ)って関東府に仕えた。また本領吉良庄で西条・東条両家に分かれた惣領系の三河吉良氏も、将軍家相伴衆(しょうばんしゅう)として地歩を保った。戦国末期に西条吉良氏は三河一向一揆(いっこういっき)に加担して断絶。東条吉良氏は徳川家臣となり、のち幕府の高家(こうけ)となった。吉良上野介義央(こうずけのすけよしなか/よしひさ)はその子孫である。[遠藤 巌]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉良氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉良氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation