@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉野作造【よしのさくぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吉野作造
よしのさくぞう
[生]1878.1.29. 宮城,古川
[没]1933.3.18. 神奈川,逗子
大正デモクラシーの代表的思想家。 1904年東京大学卒業。 06年清国直隷総督袁世凱に長子克定の家庭教師として招かれ,天津の北洋法政専門学堂の教習,09年東大助教授,10年から3ヵ年イギリス,ドイツ,フランス,アメリカに留学,14年教授に進み政治史,政治学を担当。同時に『中央公論』により,盛んに民本主義論陣を張り,普通選挙政党内閣制の実施による民意尊重主張。 18年福田徳三とともに思想団体の黎明会をつくり,またその影響下にあった学生により新人会が生れた。 24年軍部攻撃の論文がもとで東大教授を辞任。一時朝日新聞社に勤めたが,再び東大講師として政治史を教えるかたわら,同年明治文化研究会を創立,その同人によって『明治文化全集』 24巻を刊行した。『支那革命小史』『現代の政治』など著書多数。社会民衆党結成 (1926) と社会大衆党の成立 (32) にも尽力した。『吉野作造博士民主主義論集』 (8巻) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よしの‐さくぞう〔‐サクザウ〕【吉野作造】
[1878~1933]政治学者。宮城の生まれ。東大教授。民本主義を唱え、普通選挙の実施、政党内閣制などを主張し、また軍閥を攻撃。大正デモクラシーの理論的指導者。のち、「明治文化全集」を編集。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

吉野作造 よしの-さくぞう
1878-1933 明治-昭和時代前期の政治学者。
明治11年1月29日生まれ。吉野信次の兄。第二高等学校在学中,キリスト教に入信。大正3年母校東京帝大の教授。「中央公論」誌上で民本主義をとなえ,大正デモクラシー運動の理論的指導者となる。マルクス主義とは一線を画しながら,労働運動,朝鮮の学生運動などを支持。13年朝日新聞社に入社するが筆禍事件で退社。のち明治文化研究会を設立,「明治文化全集」を刊行し近代史研究につくした。昭和8年3月18日死去。56歳。宮城県出身。
格言など】学生の真理探究の態度は多情でなくてはなりません(「学生に対する希望」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

よしのさくぞう【吉野作造】
1878‐1933(明治11‐昭和8)
大正期の代表的政論家。宮城県古川の商家に生まれる。二高を経て東京大学法科に進み,在学中よりキリスト教を信じ海老名弾正の影響を受ける。1906年袁世凱家の家庭教師として渡清,09年東大助教授,翌年から13年までヨーロッパに学び,14年教授に昇任し政治史を担当。この年から《中央公論》に毎号のように政論を執筆。とくに16年1月号の〈憲政の本義を説いて其有終の美を済すのを論ず〉はデモクラシーに〈民本主義〉の訳語を与え,政治の目的は民衆利福にあり,政策決定は民衆の意向によるべきであるとの2点をその内容とし,当面の政治目標として普通選挙と言論の自由に支えられた政党政治の実現を要求した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

吉野作造
よしのさくぞう
(1878―1933)

政治学者。大正デモクラシーの理論的指導者。明治11年宮城県古川町(現大崎(おおさき)市)に生まれる。首席で県立尋常中学校を卒業後、二高を経て、1900年(明治33)に東京帝国大学法科に入学、政治学を専攻する。二高時代に、ミス・ブゼルの聖書講義や押川方義(おしかわまさよし)、海老名弾正(えびなだんじょう)らの説教を聞いたのが機縁でキリスト教の信仰をもつ。その後、東大学生時代には海老名が主宰する雑誌『新人』の編集を助けたり、本郷教会を通して安部磯雄(あべいそお)や木下尚江(きのしたなおえ)らのキリスト教社会主義者と交流する。大学では、小野塚喜平次(おのづかきへいじ)の影響を受け、とくに、小野塚の「衆民」主義とドイツ流の国家学や国法学からの政治学の独立を主張する実証主義的方法論を学んだ。1906年、清(しん)国の袁世凱(えんせいがい)の長子の家庭教師として招かれ、翌1907年には北洋法政専門学堂の教師となる。1909年に東大助教授に就任。翌1910年、3か年の欧米留学に出発。ベルリンで牧野英一や佐々木惣一(そういち)らと交遊する。帰国後、1914年(大正3)に教授になり政治史講座を担当する。そうして、1916年1月『中央公論』に代表論文「憲政の本義を説いて其(その)有終の美を済(な)すの途(みち)を論ず」を発表、以後、続々と『中央公論』に「民本主義」の政論を発表して、一躍論壇の寵児(ちょうじ)となる。

 吉野の政論は、主権の運用論、つまり、政治の目的が一般民衆の利福にあること、政策決定は一般民衆の意向によるべしとする民衆輿論(よろん)の尊重に力点が置かれた。彼は、大日本帝国憲法の枠内で立憲政治の実現を意図し、主権の所在と運用を明確に区分して、民衆は政治の「監督者」であって「主動者」でないとするなど、徹底した人民主権説をとらなかったので、社会主義者たちから批判された。しかし、普通選挙制や政党内閣制の主張、貴族院や枢密院改革論など具体的な内政改革を提唱し、また、軍備縮小論やシベリア出兵批判、武断的な植民地支配の攻撃や朝鮮・中国民族のナショナリズムに深い理解を示すなど「民主的国際主義」の対外認識を示した。1918年、福田徳三(とくぞう)らと黎明会(れいめいかい)を結成、また、東大内に新人会を組織して、民主主義擁護の言論活動や学生の啓蒙(けいもう)活動を行った。1924年2月、朝日新聞社に入社するが、筆禍事件を起こしてわずか3か月で退社。その後、『明治文化全集』を刊行するなどアカデミックな研究生活に没頭する。しかし、1926年に社会民衆党の結成に協力したり、五・一五事件(1932)を非難するなど最後まで果敢な社会的発言をやめなかった。

[西田 毅]

『『吉野作造博士民主主義論集』全8巻(1948・新紀元社)』『松本三之介著『「民本主義」の構造と機能――吉野作造を中心として』(『近代日本の政治と人間』所収・1966・創文社)』『松尾尊兌編『吉野作造集』(1976・筑摩書房)』『三谷太一郎編『吉野作造論集』(中公文庫)』『三谷太一郎編『吉野作造――民衆的示威運動を論ず/他』(1984・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よしの‐さくぞう【吉野作造】
政治学者、思想家。宮城県出身。東京帝国大学教授。「中央公論」などに政治論文を発表、民本主義を唱え、大正デモクラシーを指導した。朝日新聞に入社したが筆禍事件で退社、のち「明治文化全集」を刊行した。明治一一~昭和八年(一八七八‐一九三三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

吉野作造
よしのさくぞう
1878〜1933
大正・昭和期の政治学者・思想家
宮城県の生まれ。東大教授。論壇で活躍し『中央公論』などに多くの評論を発表,民本主義を提唱し,普通選挙・政党内閣制実現を主張。枢密院・貴族院・軍部を批判し,その改革を唱え,また黎明会 (れいめいかい) ,東大の新人会,社会民衆党結成にも関係し,大正デモクラシーの理論的指導者として活躍した。1924年軍部の圧迫で東大を辞し,一時朝日新聞社に入社。また明治文化研究会を創立し『明治文化全集』24巻の編集にあたった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉野作造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉野作造の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人エジソン(アメリカの発明家)東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール洋務運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation