@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉野川(四国)【よしのがわ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

吉野川(四国)
よしのがわ

四国の中央部を流れる川。一級河川。四国三郎(さぶろう)ともよばれる。延長194キロメートルと四万十(しまんと)川よりわずかに短いものの、流域面積は3750平方キロメートルと四国一の大河である。

[村上哲生]

流域

源は高知県いの町の瓶ヶ森(かめがもり)山で、1973年(昭和48)に完成した四国一の規模の早明浦(さめうら)ダムを経て、四国山脈を南から北に貫き名勝大歩危・小歩危(おおぼけこぼけ)の峡谷をつくり、三好市池田町地区から東へ流れ、徳島市を通過して紀伊水道に注ぐ。川幅1キロメートルを超える河口部には、大規模な干潟が発達し、渡り鳥の重要な飛来地となっている。

 上・中流部は有数の多雨地帯であるために、しばしば大規模な洪水が発生している。とくに、江戸時代末期1866年(慶応2)の「寅の水(とらのみず)」といわれる洪水は、3万7000人余りの男女が溺れたとの記録が残されている。中・下流部に残る竹林は水害への備えであり、橋も洪水の際には水没する「潜り橋(もぐりばし)」とよばれる造りのものがいまも残っている。一方、頻繁な洪水による肥沃(ひよく)な土砂の供給が、流域でのアイ(藍)の栽培を維持してきたとも考えられる。

[村上哲生]

生態系

流域の大部分は山林であり人口密度は低く、常習的な水質汚濁は認められず、環境基本法に基づく環境基準はおおむね達成されている。流域に生息する学術上重要な動物としては、カジカガエル、カスミサンショウウオ、オオサンショウウオ(以上両生類)、アユカケ、ホトケドジョウ、カマキリ、アベハゼ(以上魚類)等があげられる。また、植物では、ミゾコウジュなどの希少種や河口域に広がるヨシ群落は特筆すべきものであろう。水産資源としては、中流部のアユ、下流部のスズキやシジミ、ノリなどが有名である。

[村上哲生]

可動堰問題

徳島市付近の吉野川下流は、昔からの流路のままではない。現在の旧吉野川が、本来の流路であった。現吉野川は、江戸時代に、徳島城下への導水や水運のために、別宮(べっく)川という河川に流れをつけ替えたものである。旧吉野川へ一定量の水を流すために吉野川と別宮川の分岐点(第十村。現、石井町)につくられた堰(せき)が、第十堰(だいじゅうぜき)である。堰により旧吉野川に流される水は、水道水源、工業用水、農業用水として利用されている。

 第十堰は、固定堰(潜り堰(もぐりぜき))とよばれる形式の石積みの構築物で、水は堰の上を流れる。そのため、水量が多くなると堰の上流部の水位が上がり堤防が破壊される懸念があるとされ、扉門の開閉により流れを調整できる可動堰(吉野川可動堰)への改築計画が提案されている。

 堰の改築については、治水効果、費用負担、環境への影響などについて、国土交通省(旧、建設省)と地元住民の間では調整がついていない。従来の環境保護運動の多くは、開発か保護かの対立の図式であったが、この問題については、治水、利水、環境のすべての面について、科学的な根拠をもった住民の疑問が表明されており、河川の保全と開発を巡る独特の運動となっている。環境影響評価法(環境アセスメント法)の手続に基づく住民からの代替案提案、徳島市民を対象とした住民投票の実施など、今後の環境保護運動の方向をうかがう事例としても重要であろう。

[村上哲生]

『芳水康史著『吉野川利水の構図』(1970・芙蓉書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉野川(四国)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉野川(四国)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation