@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吉野静【ヨシノシズカ】

デジタル大辞泉

よしのしずか【吉野静】[謡曲]
謡曲。三番目物観阿弥作。義経記に取材。源義経の吉野落ちの際、静御前佐藤忠信と図り、追っ手衆徒たちの前で法楽のをまい、その間に義経一行を逃す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よしの‐しずか〔‐しづか〕【吉野静】
ヒトリシズカの別名。 春》
[補説]曲名別項。→吉野静

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

よしのしずか【吉野静】
[4] ヒトリシズカの異名。
能の一。三番目物。作者未詳。源義経の吉野山落ちの際、静御前は佐藤忠信とはかって、義経と頼朝が和解するといつわり、法楽の舞を舞う。吉野山の衆徒は静の舞に見とれて義経追討の気をなくす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

吉野静 (ヨシノシズカ)
植物。センリョウ科の多年草,園芸植物。ヒトリシズカの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉野静 (ヨシノシズカ)
植物。リンドウ科の二年草。アケボノソウの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よしの‐しずか ‥しづか【吉野静】
[1] 〘名〙
① 植物「ひとりしずか(一人静)」の異名。《季・春》
※俳諧・犬子集(1633)二「花を見る心はよしの静かな〈親重〉」
② 植物「あけぼのそう(曙草)」の異名。〔物品識名(1809)〕
[2] 謡曲。三番目物。各流。観阿彌原作、のち井阿彌などが改訂。「義経記」による。源義経が吉野山から落ちのびる時、その家臣佐藤忠信と義経からとり残された静御前は義経を無事に落ちさせるためにはかりごとをめぐらす。忠信は都道者を装って衆徒集合の場に立ち入って、頼朝と義経の和解がなるといつわり、静御前は法楽の舞を舞い続け、衆徒は静の舞に見ほれ、あるいは義経の武勇を恐れて、ついに一人も討手に出ないでしまう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉野静」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉野静の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation