@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

同名/同苗【ドウミョウ】

デジタル大辞泉

どう‐みょう〔‐ミヤウ|‐メウ〕【同名/同苗】
同じ名字。同姓。
同じ一族同族

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐めい【同名】
同じ名であること。どうみょう。「同姓同名
生物学で、異なる種に対して付けられた同じ学名。ふつう、古い学名が優先され、新しい学名は別の学名に付け替える必要がある。ホモニム異物同名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どうめい【同名】
名前や呼称が同じであること。どうみょう。 同姓- -の作品

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐みょう ‥ミャウ【同名・同苗メウ
〘名〙
① 同じ名であること。また、その物や人。特に、同じみょうじ。同姓。どうめい。
※今昔(1120頃か)二五「頼良大きに喜て、名を頼時と改む。亦且は守の同名なる禁忌の故也」
② 前に述べたその名。どうめい。
※正秀宛芭蕉書簡‐元祿四年(1691)正月一九日「同名方へ御手被懸候清茶一袋・さかな一種被遣」
※鎌倉殿中以下年中行事(1454か)一二月一日「或子息或同名、以親類御引出物進上、亭御礼に参らるる時有御対面

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐めい【同名】
〘名〙
※評判記・色道大鏡(1678)凡例「又家を隔てて、同時に同名(ドウメイ)もあれば、まぎるる事おほし」 〔管子‐君臣・上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同名/同苗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同名/同苗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation