@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

同期発電機【どうきはつでんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

同期発電機
どうきはつでんき
synchronous generator
回転子の回転数で決る周波数の交流を発生する発電機。現在用いられている大容量の同期発電機は,水車発電機タービン発電機である。前者は水車に直結され,200~1000rpmのものが多く,水の落差を有効に利用するため立軸型のものが多い。後者はタービンに直結され,高速度 (1500~3600rpm) で,横軸型である。発生電圧は直流発電機のように回転数を変えることで調節できないので,励磁電圧を変えて行う。ほとんどの交流発電機は同期発電機である。 (→エンジン発電機 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

同期発電機
どうきはつでんき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同期発電機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同期発電機の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation