@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

同期電動機【どうきでんどうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

同期電動機
どうきでんどうき
synchronous motor
三相交流による回転磁界と同期して回転する交流電動機。交流によって回転磁界をつくる固定子とその中で回転する磁極 (回転子) とから成る。この磁極が回転磁界に引かれて回る。一般に磁極は外部の直流電源によって励磁される電磁石が使われる。同期電動機の回転数は電源周波数と磁極の数によって決り,それ以外の回転数では回転力は0となり回転を続けることはできない。起動時の回転力が弱いので,磁極表面に起動巻線を設けて誘導電動機として起動する。同期速度に近づいたとき,界磁巻線に電流を流して磁極をつくると同期速度に引入れられる。速度を変える必要のない大容量の送風機ポンプなどの運転に適している。回転子が凸極形であると直流励磁がなくとも回転力が発生して,同期電動機として働く。 (→反作用電動機 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうきでんどうき【同期電動機】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

同期電動機
どうきでんどうき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同期電動機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同期電動機の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation