@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

同棲【ドウセイ】

デジタル大辞泉

どう‐せい【同×棲】
[名](スル)一緒に住むこと。特に、正式に結婚しないまま同じ家で一緒に暮らすこと。「入籍せずに同棲する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

同棲
日本では男女が一緒に住むこと。中国では「同居」。「同」は人以外の動物の場合。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

日本大百科全書(ニッポニカ)

同棲
どうせい

男女が同じ家にいっしょに住み共同の生活をすること。法律上の結婚をしている男女が同棲(同居)することは、法律上の義務でもある(民法752条)。これに対して、現実に同棲していても婚姻届を出さない限り法的な夫婦関係は生じない。しかし、その関係が社会的にみて夫婦関係の実質を備えていると承認される場合には、内縁の夫婦として、ある程度まで法的保護の対象となる。たとえば、一方がその関係を不当に破棄した場合に、相手方は慰謝料を請求できる。もっとも、たとえば男に妻がありながら他の女と同棲しているような場合に、その女にどの程度の法的保護を与えるかについては、まだ定まった見解がないが、一定の条件のもとで、このような場合にも法的保護を認めようとする傾向にある。

[高橋康之・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐せい【同棲】
〘名〙
① 一つの家にいっしょに住むこと。夫婦、男女が一つの家でいっしょに生活すること。
※酒中日記(1902)〈国木田独歩〉五月四日「母と妹とは自分達夫婦と同棲(ドウセイ)するのが窮屈で」 〔銭起‐山下別杜少府詩〕
② 特に、正式な婚姻関係にない男女がいっしょに生活すること。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉七「悲哀な約束を結び只管(ひたすら)同棲(ドウセイ)の日を楽しんだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同棲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同棲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation