@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

同系交配【どうけいこうはい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

同系交配
どうけいこうはい
inbreeding
同一系統に属する個体間の交配異系交配に対していう。自家受粉を正常とする植物は,典型的な自然的同系交配種である。異系交配を原則とする生物で不自然に同系的交配が続くと,隠されていた有害な劣性遺伝子ホモとなって形質に現れてきたりする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうけい‐こうはい〔‐カウハイ〕【同系交配】
同一の系統の個体間で行われる交配。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

同系交配
 近親交配単系交配同系繁殖,近縁交配,自殖ともいう.共通祖先をもつ近縁個体間の交配.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうけいこうはい【同系交配】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうけいこうはい【同系交配】
同一系統内での交配。自家受精はその極端な例。 ⇔ 異系交配

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

同系交配
どうけいこうはい
系統的に同じものの間の交配で、近親交配ともいう。その著しい例は兄妹や親子などの関係にある個体の間での交配である。一般に特性のそろった純粋な動植物の系統をつくるために用いられる。しかしまた、この交配のために、雑種強勢が失われて生活力や生産力が低下したり、正常遺伝子に対してヘテロ(異型)の状態になっていて発現を抑えられていた有害な劣性遺伝子が、ホモ(同型)の状態になって発現する機会が高まるなどの不利な結果を伴うことがある。[井山審也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どうけい‐こうはい ‥カウハイ【同系交配】
〘名〙 生物の交配のうちで、同一系統間の交配。自家受精はその極端な場合。同系交配によって各対立遺伝子型がホモになる確率を増す。遺伝子型のヘテロからホモを作る場合、ホモを維持する場合に利用される。⇔異系交配

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同系交配」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同系交配の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation