@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

同音【ドウオン】

デジタル大辞泉

どう‐おん【同音】
同じ発音。同じ読み。
同じ高さの音、声。
声をそろえて言うこと。同時に言うこと。「異口(いく)同音
「私たちは我知らず、あっと―に叫びました」〈芥川地獄変
能で、地謡方(じうたいかた)が斉唱すること。また、その部分。地謡。同吟(どうぎん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうおん【同音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうおん【同音】
同じ高さの音・音声。
音声・発音が同じであること。
一斉に言うこと。口をそろえて言うこと。 異口- 思はず一所に-に云つた/婦系図 鏡花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐いん【同音】
〘名〙 (「いん」は「音」の漢音) =どうおん(同音)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐おん【同音】
〘名〙
① 同じ発音の音声。同一の発音。
※歌経標式(772)「頭尾者、第一句尾字与二句尾字同音
※史記抄(1477)四「斉世家には作甄、々は平声、真先の二韵で用るぞ。此では鄄と同音であるほどに去声であらうぞ」
② 字を読む際の同じ音訓。同一の字音
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「日本文の弊害は同音の字多きと」
③ 楽器などの同じ調子の音。また、同じ高さの音を同時に鳴らすこと。ユニゾン。
※源平盛衰記(14C前)一「都へ出して三百人拍子を打て同音(ドウオン)に歌けり」 〔詩経‐小雅・鼓鐘〕
④ 二人以上の人が、同時に同一の音声を発すること。声をそろえていうこと。
※本朝文粋(1060頃)一四・寂心上人四十九日修諷誦文「思古見今。同音随喜」
※太平記(14C後)七「同音(ヲン)にどっと笑ければ」
⑤ 能楽の地謡方の合唱。略して同と書き、その一曲の最初にあるのを初同、二番目を二の同、三番目を三の同という。同吟。〔申楽談儀(1430)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation