@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

名づけ親【なづけおや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名づけ親
なづけおや
生児に名前をつけることによって結ばれる仮の親。ナオヤとかナゾイオヤともいう。現在では実の親が命名する場合が多いが,以前は産婆が取上げ親として名づけ親を兼ねた場合もあり,親類,子福者,村の有力者などを名づけ親に頼む風習もあった。名づけ親と生児とは一生の間儀礼的な親子の関係をもち,祝儀,不祝儀,労働の手助けなど親子の義理を尽した。特に病弱の子とか,親の厄年の子など,子の成長が危ぶまれるようなときには,拾い親や養い親などの仮親を立てて,その人に名づけ親を兼ねてもらう場合もある (→取子 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名づけ親」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名づけ親の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation