@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

名にし負う【ナニシオウ】

デジタル大辞泉

名(な)にし負・う
《「し」は強意副助詞》「名に負う」に同じ。「―・う富士の高嶺
「―・はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」〈伊勢・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なにしおう【名にし負う】
は強意の助詞
「名に負う」を強めた言い方。 - ・はばいざこと問はむ都鳥/伊勢 9

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なにしおう【名にし負う】
端唄・うた沢の一。伊勢物語の歌から詞を取ったもので、隅田川での忍び会いをうたったもの。端唄は歌舞伎の下座に使われる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な【名】 に し負(お)
(「し」は強意の助詞)
※古今(905‐914)羇旅・四一一「名にしおはばいざこととはむ宮こどりわが思ふ人は有りやなしやと〈在原業平〉」
※宴曲・宴曲集(1296頃)四「名にしおふ 浅香の沼の花かつみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名にし負う」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名にし負うの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation