@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

名もなき道を

デジタル大辞泉プラス

名もなき道を
高橋治の小説。1988年刊行。自身の小説「別れてのちの恋歌」とともに、第1回柴田錬三郎賞受賞。病院長の息子ながら色覚異常のため医師になることが出来ず、司法試験で20回不合格となった挙句に変死する主人公の破滅的な人生と、周囲の人々の関わりを描く。主人公のモデルとされた人物の家族によりプライバシー侵害訴訟が起こされたが、1999年に和解成立

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名もなき道を」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名もなき道をの関連情報

関連キーワード

キェシロフスキ[各個指定]工芸技術部門高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子本州四国連絡橋井上光晴コロミーナソ連崩壊と東欧の歴史的変革

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation