@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

名前

ブランド用語集

名前
名前とはブランド・ネームのことをいう。ブランド・ネームの項参照。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

な‐まえ〔‐まへ〕【名前】

㋐人の氏名。姓名。「新入社員の名前をおぼえる」
㋑姓に対しての、名。「子に名前を付ける」
事物の名称。
㋐一般の名称。「草木の名前
㋑固有の名称。「山の名前

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なまえ【名前】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なまえ【名前】
ある人や事物を他の人や事物と区別して表すために付けた呼び方。名。 「子供の-を考える」 「犬に-を付ける」 「停留所の-を忘れる」
氏名。またその名字を除いた部分。 「ここに-を書いて下さい」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名前
なまえ
name
事物を他の事物と区別して指示するとき使われる言葉。名前には1つの個体のみさす固有名詞,一般的水準で使われる普通名詞から概念的なものまで,さまざまな種類がある。名前をつけることは,現実の生活に必要な記憶をつくりあげ,対象に対してコミュニケーションを行う基になる。こうした意味で,名前は人類の文化に固有の歴史性,社会性の基礎といえる。たとえば,日本の人名の基である氏姓制度 (しせいせいど。 ) の最初は,古代の朝廷または天皇から与えられたものであり,諸氏族を政治的に秩序づける制度であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

名前
なまえ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐まえ ‥まへ【名前】
〘名〙
① 人の氏名。また、姓に対しての名。
※浮世草子・世間手代気質(1731)三「身も好た端商止むる心底で、則ち自今名前(ナマヘ)をかへても、たてり商(あきなひ)をせまいといふ」
② 一般に、物や事柄の名。呼称。
※細君(1889)〈坪内逍遙〉三「邸の名前を出さずに済むなら、それほど都合な事はない」
③ 名高いこと。また、よい評判。名声。名誉。
※歌舞伎・盲長屋梅加賀鳶(1886)二幕「八丁四方の持場へ来て縄張内をあらされちゃあ、屋敷の名前(ナマヘ)にかかはるから」
④ 表向きの名義。名目。
※浄瑠璃・井筒業平河内通(1720)二「表むきの名まへは祖母が夫、かんじんの正味はそなたの殿御」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名前の関連情報

他サービスで検索

「名前」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation