@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

名古屋市【なごや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名古屋〔市〕
なごや
愛知県西部,伊勢湾の湾奥にある市。県庁所在地。縄文・弥生遺跡が残ることから,古くから人が居住していたことがわかる。市名は世の那古野荘にちなむ。1889年市制。1908年 4区制を施行。1956年政令指定都市に指定。その後,いくたびか行政区が再編されて今日では千種区東区北区西区中村区中区昭和区瑞穂区熱田区中川区港区南区守山区緑区名東区天白区の 16区を置く。庄内川と天白川に囲まれ,西部は低湿な沖積地,東部は新第三紀の丘陵と洪積台地からなる。江戸時代,尾張徳川藩の城下町,熱田神宮の鳥居前町,東海道の宿場町,大須観音の寺内町を基盤として市街地が発展。今日では中部地方の交通の要衝中京工業地帯の中核をなし,大都市圏は愛知県,岐阜県,三重県にも及び,いわゆる中部圏を形成。高等裁判所,国税局,名古屋地方気象台などの諸官庁,電力,新聞,放送などの事業所,東海旅客鉄道の本社,銀行,証券取引所,デパート,各種問屋などがあり,政治,経済,文化活動の中心機能が集中している。鉄鋼,機械,化学,繊維,製陶などの近代工業が盛ん。名古屋は 20世紀初頭に開港して以来,自動車,陶磁器,鉄鋼などを輸出する大貿易港である。名古屋空港(小牧空港。2005名古屋飛行場と名称変更)には,2005年に愛知県常滑市沖に中部国際空港が開港するまでは,国内線・国際線ともに多くの定期便が発着していた。市街地は幅広い道路が整然と通り,市民 1人あたりの公園緑地も広く,第2次世界大戦後の都市計画の評価は高い。名古屋大学をはじめ国公私立の大学,徳川美術館愛知芸術文化センター,愛知県体育館,名古屋市公会堂,ナゴヤドーム名古屋城,名古屋テレビ塔,東山動植物園などがある。面積 326.45km2。人口 229万5638(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なごや‐し【名古屋市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名古屋市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation