@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

名古屋港【ナゴヤコウ】

デジタル大辞泉

なごや‐こう〔‐カウ〕【名古屋港】
愛知県西部、伊勢湾奥にある。名古屋市など4市1村の湾岸にまたがり、特別地方公共団体名古屋港管理組合が管理する。明治40年(1907)開港で、国際戦略港湾の一。豊田市などの自動車産業に関連する輸出が多く、総取扱貨物量は日本一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

名古屋港
愛知県の名古屋市、東海市知多市弥富市飛島村にまたがる国際貿易港。1907年開港。2008年の貿易額(輸出入合計)は16兆3602億円、総取り扱い貨物量(内国貿易を含む)は2億1813万トン、完成自動車輸出は181万台で、いずれも日本一。貨物量ベースで輸出の7割は自動車関連、輸入の6割近くは液化天然ガス鉄鉱石などの天然資源
(2009-12-20 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉プラス

名古屋港
愛知県にある港。1907年、熱田港から改称して開港。1951年9月設立。港湾管理者は、名古屋港管理組合。県内のトヨタ自動車などで製造される自動車輸出を中心とする貿易港。国際拠点港湾(2011年4月指定)。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なごやこう【名古屋港】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

名古屋港
なごやこう
名古屋市南部にある貿易港。江戸時代の東海道五十三次の宮の渡し(七里の渡し)が発祥の地。1896年(明治29)浅海を浚渫(しゅんせつ)して近代港湾とする築港が開始され、1907年(明治40)伊勢湾(いせわん)では四日市(よっかいち)港に次いで2番目の開港場となった。1951年(昭和26)特定重要港湾に指定された(2011年、港湾法改正により、国際拠点港湾に変更)。2010年(平成22)現在、日本の5大港(東京・横浜・名古屋・大阪・神戸)に占める地位は、総取扱貨物量・総貿易額ともに1位、入港船舶総トン数4位、外貨コンテナ取扱量3位にあり、外国貿易取扱貨物量では1982年から連続1位の座を保持している。扱う輸出品種は完成自動車47.6%、自動車部品19.1%、輸入は液化天然ガス24.4%、鉄鉱石15.3%である。また年間50隻を超える客船の入港もあり、工業港と商業港の性格をあわせもつ、日本を代表する総合国際港湾の一つである。港の範囲は名古屋市、東海(とうかい)市、知多(ちた)市、弥富(やとみ)町、飛島(とびしま)村にまたがる水面8194万平方メートル、陸地4215万平方メートルに及び、1951年に愛知県と名古屋市が共同設立した名古屋港管理組合によって管理運営されている。
 近年は市民に親しまれる港づくりが進み、金城埠頭(きんじょうふとう)の国際展示場(1973年完成)や海づり公園、ガーデン埠頭のシンボルタワーを兼ねた高さ63メートルのポートビル(1984年)、永久保存された南極観測船「ふじ」(1985年)、しおかぜコンサートが開かれるポートハウス(1986年)、南極への旅をテーマとする名古屋港水族館(1992年)、伊勢湾岸自動車道の一部で港をまたぐ3本の橋「名港トリトン」(1998年)の夜間ライトアップなどが人気を集め、名古屋の名所の一つとなっている。[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋港」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名古屋港の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation