@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

名士会【めいしかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名士会
めいしかい
Assemblée des notables
14~18世紀フランスにおいて危急に際し招集された国王諮問機関全国三部会選挙制によるのに対して,国王が任命する高位聖職者,市政官,高等法院判事,貴族などいわゆる「名士」たちによって構成された。 1367年に初めて開かれ,以来いくたびか招集されたが,1787年 C.カロンヌ財政改革案を否決した名士会と,88年 J.ネッケルのもとに 175年ぶりに全国三部会招集を決定した名士会とが,フランス革命発端をつくりだしたという点で特に有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいしかい【名士会 Assemblée des notables】
革命前のフランスで,国政に関する重要な問題を審議する必要があるときに臨時に召集された国王の諮問機関。同じ役割を担うものとして三部会があったが,三部会はしばしば国王のに反する決定を行ったので,特に16世紀頃から,国王はこれに替えて名士会を召集することが多くなった。名士会は三部会と同じく聖職者・貴族・平民の三身分の代表者により構成されたが,構成員が各身分ごとの選挙によってではなく国王の指名によって選ばれる点で三部会と異なり,それだけ国王に従順であったからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

名士会
めいしかい
Assemblée des Notables フランス語

フランスで、全国三部会のかわりに招集された王政諮問会議。その構成、機能に明確な規定はないが、一般に王族、大貴族、司教、高官、特定都市代表、大学教授などのうち、「人望があり、王への奉仕精神に燃える者」が王によって任命された。1316年に始まり、16世紀にもっとも頻繁に招集されたが、1627年以降は1787年まで招集されなかった。1787年2月22日の名士会は、破局を迎えた財政の改革を目ざす財務総監カロンヌが企画したものであったが、高等法院代表の頑強な反対にあい、「貴族の革命」へと進んだ。翌88年11月、ふたたびネッケルにより開かれたが、それは全国三部会招集の準備のためであった。

[千葉治男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

名士会
めいしかい
Assemblée des Notables
主としてブルボン朝の下で,三部会に代わって開かれた会議
国王に指名された特権階級の代表者によって構成され,国王の諮問機関の役割を果たした。フランス革命直前には,ブルボン朝の財政改革に反抗し,革命のきっかけをつくった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名士会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名士会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation