@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

名見崎徳治【なみざきとくじ】

世界大百科事典 第2版

なみざきとくじ【名見崎徳治】
富本節の三味線方,作曲家。7世まであるが初世,3世,7世が有名。(1)初世(?‐1810(文化7)) 前名西川徳治。1772年(安永1)から富本豊志太夫(2世富本豊前太夫)の立三味線。94年(寛政6)まで活躍。作曲作品と推定されるのは《相撲》《鴛鴦おしどり)》《鞍馬獅子》《其俤浅間嶽(そのおもかげあさまがだけ)》《虫売》《身替りお俊》など。富本節の完成に功績があった。(2)2世 初世の子。生没年不詳。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

名見崎徳治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名見崎徳治の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation