@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

向上【コウジョウ】

デジタル大辞泉

こう‐じょう〔カウジヤウ〕【向上】
[名](スル)
よりよい方向、すぐれた状態に向かうこと。進歩。「学力が向上する」「生活レベルの向上」⇔低下
最上。最高。
「武田の弓矢―なり」〈甲陽軍鑑・三六〉
仏語。絶対平等の境地。また、それに向かって進むこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうじょう【向上】
スル
能力・性質・程度などがよりよくなること。 ⇔ 低下 学力が-する 品質の-をはかる
最上。最高。 武田の弓矢-也/甲陽軍鑑 品二六

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐じょう カウジャウ【向上】
〘名〙
① 上に向かって進むこと。良い方へ向かうこと。進歩すること。また、そのために努力すること。
※翁問答(1650)上「五典のほかに、別に向上(カウジャウ)の道あるべしとぞんじ候はいかが」
② 上を向くこと。見あげること。
※松井本太平記(14C後)三「向上と見あぐれば、万仭の青壁刀を以て削れり」
③ より以上であること。より上。きょうじょう。
④ (形動) 位や程度が最も高いこと。また、そのさま。最高。最上
※却来華(1433)「道をまもるべき人なれ共、いまだ、向上の大祖とは見えず」
⑤ 仏語。
(イ) 下から上へ、あるいは末から本へ向かうこと。また、越えて上に出ること。
※談義本・成仙玉一口玄談(1785)五「其文すこしにても向上(カウジャウ)なれば、世の人棄て是を読ず」
(ロ) 迷いの境から悟りの境に入ること。そこで得られた悟りの智見。
※正法眼蔵(1231‐53)仏向上事「又向上の事にてしり、向上の事にてきくとき」
(ハ) 密教で説く十二口伝の一つ。ある句の上に他の句をつけて読むこと。下につけて読むことを向下という。
⑥ 現在の状態を不完全または、不満足として理想追求に努力すること。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉足のうら「堕落せざらんが為には怒らざるべからず、向上(カウジャウ)せんが為には怒らなければいけない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

向上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

向上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation