@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

向心力【こうしんりょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

向心力
こうしんりょく
centripetal force
求心ともいい,等速円運動する物体に働く中心向きの力。たとえば,一端につけた石を水平面内で他端のまわりに等速円運動させるとき,石には糸の張力が向心力として働く。円軌道の半径r ,物体の質量を m ,角速度を ω ,速さを v(vrω) とすれば,向心力は mrω2 または mvr2/r である。回転座標系からみると,みかけ上逆向きの遠心力 mrω2 が働く。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうしん‐りょく〔カウシン‐〕【向心力】
運動をしている物体が受ける慣性力の一。円の中心に向かって働き、運動の速度一定のときは物体の質量に比例し、円の半径に反比例する。求心力。⇔遠心力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうしんりょく【向心力】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

向心力
こうしんりょく

求心力ともいう。物体が運動する軌道上の任意の点で、物体に働く力を、軌道の接線方向と曲率の中心方向に分解したとき、後者を向心力という。向心力は物体の速度の方向を絶えず変え、直線運動から引き離し、固定点(中心)の周りに回転させる。半径rの円周上を質量mの物体が角速度ωで回るときの向心力は、円の中心に向かって、mrω2である。速さvを用いると、mv2/rで与えられる。たとえば「おもり」を「ひも」で結んで回転させる場合には、「おもり」を絶えず引っ張っている「ひも」の張力が向心力であり、円運動によって生じる遠心力とつり合っている。

[阿部恭久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうしん‐りょく カウシン‥【向心力】
〘名〙 物体を円運動させるために円の中心に向かって物体に加える力。この力が働かなくなると物体は直線運動に移る。向心力は物体の質量と速度の二乗との積を半径で除した大きさをもつ。求心力。〔工学字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

向心力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

向心力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation