@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吸収合併【きゅうしゅうがっぺい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吸収合併
きゅうしゅうがっぺい
merger
合併のうち,一つの当事会社だけが存続して他の解散会社をそのなかに吸収する場合をいう。これに対し合併によって当事会社の全部が解散すると同時に新会社を設立して,この新会社に入り込む場合を新設合併 consolidationという。吸収合併では合併する方の会社を「存続会社」,合併される方の会社を「解散会社」と呼ぶ。この場合存続会社は解散会社の財産や社員を収容することになる。なお実際の大部分の合併はこの吸収合併であり,しばしばみられるような合併後の会社の名称として合併当事会社の商号を組み合わせた商号を用いる場合でも,法律的にみると吸収合併であることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうしゅう‐がっぺい〔キフシウ‐〕【吸収合併】
合併する会社のうちで、一会社だけが存続し、他の会社は存続会社に吸収されて消滅する合併方式。→新設合併

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集

吸収合併
合併の一形態。1つの会社が存続会社となり他の一方の会社の権利義務を包括的に承継し、他の一方の会社は清算手続を経ずに解散する方法をいう。吸収合併が圧倒的に多く、新設合併が行われるはまれである。

出典:株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうしゅうがっぺい【吸収合併】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうしゅうがっぺい【吸収合併】
合併によって一方は存続し、他方はこれに吸収されて消滅する、会社の合併方式。 → 新設合併

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうしゅう‐がっぺい キフシウ‥【吸収合併】
〘名〙 会社の合併方法の一つ。合併に参加する会社のうち一会社だけが存続し、他の会社が消滅して存続会社に吸収されるもの。合併する会社のすべてが消滅して新会社を設立する新設合併に対するもの。併呑合併。存続合併。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸収合併」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吸収合併の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation