@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吸熱反応【きゅうねつはんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吸熱反応
きゅうねつはんのう
(1) endothermic reaction  CO2+H2→CO+H2O-9.84kcal のように,熱の吸収を伴って進行する化学反応。発熱反応の逆。
(2) endoergic reaction エネルギー吸収を伴う原子核反応。 (→Q値 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

吸熱反応
 吸エネルギー反応ともいう.発熱反応の対語.反応を定温で起こさせるために外部からエネルギーを供給する必要のある反応.別の表現では,定温で反応が起こるときにエンタルピー変化が正である反応.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうねつはんのう【吸熱反応 endothermic reaction】
熱の吸収を伴う化学反応をいい,この逆を発熱反応と呼ぶ。大部分の化学反応は後者であるので,発熱量こそ化学反応の推進力と考えられた時代もある。しかし,アンモニアの水への溶解反応,ベンゼンとピリジンの混合反応など,今日では多くの吸熱反応が見いだされている。発熱反応 宏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

吸熱反応
きゅうねつはんのう
endothermic reaction

化学反応が進行するにつれて、熱を吸収する反応をいう。これに対し、熱を発生する反応を発熱反応という。化学反応が一定の温度の下で原系から生成系へとおこる場合、反応を完結させるために外部から熱量を吸収しなければならない反応が吸熱反応である。系のエネルギーをエンタルピー(熱含量)で表せば、この吸熱部分だけ系のエンタルピーHは増加する(ΔH>0)。

  2Cl2+O2―→2Cl2O-126.4kJ
または
  2Cl2+O2―→2Cl2O ΔH=126.4kJ
などがその例である。一般に吸熱反応は自然にはおこりにくいので、温度を上げて反応を進める必要がある。この吸熱反応が可逆反応で、それが平衡に達したとき、平衡定数は温度が上昇するとともに増加する。

[戸田源治郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうねつ‐はんのう キフネツハンオウ【吸熱反応】
〘名〙
① 周囲から熱を吸収することによって進行する化学反応。窒素が酸素と化合して酸化窒素を生ずるなどの反応がその一例である。⇔発熱反応。〔稿本化学語彙(1900)〕
② 原子核反応でQ値が負となる反応。核反応を起こすのに必要な衝撃粒子の最小エネルギーが、ある一定値以上の運動エネルギーをもっている場合に起こる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

吸熱反応
キュウネツハンノウ
endothermic reaction

原系から生成系に変化する際,熱の吸収を伴う化学反応をいう.発熱反応の逆に相当する.ただし,核反応では,ある一定のエネルギーを供給されてはじめて進行する反応をいい,この際,生成系の質量は原系より増加する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうねつ‐はんのう〔キフネツハンオウ〕【吸熱反応】
周囲からの熱の吸収を伴う化学反応。→発熱反応

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸熱反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吸熱反応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation