@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

吸血鬼【きゅうけつき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吸血鬼
きゅうけつき
vampire
伝説上の幽霊。夜間に死体から生き返り,墓地を出て眠っている人の生きを吸い,夜明けとともに墓に帰るとされる。バンパイアともいう。この伝説はアジア,ヨーロッパ各地にみられるが,スラブ地域やハンガリーの伝説がもとになっている。吸血鬼の顔は青白く,目を見開いて切歯を突き出し,人ののどもとにかみついて血を吸う。血を吸われた被害者は死後,吸血鬼になるという。影がなく鏡にも映らないが,十字架ニンニクを恐れ,昼間のうちに死体の心臓部にを打つことでとどめを刺すことができると伝えられる。民間伝承された多くの怪異伝説のなかでも特に名高く,アイルランドの作家ブラム・ストーカーのゴシック小説『ドラキュラ』Dracula(1897)の映画化によって,より広く知られるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうけつ‐き〔キフケツ‐〕【吸血鬼】
人の生き血を吸うという魔物。バンパイア。
無慈悲に人を苦しめて利益をしぼり取る人間。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

吸血鬼
1932年公開のフランス・ドイツ合作映画。原題《Vampyr》。カール・テオドール・ドライヤー監督によるホラー映画古典。出演:ジュリアン・ウェスト、モーリス・シュルツ、シビル・シュミッツ、レナ・マンデルほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸血鬼
赤川次郎のミステリー短編集。1997年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうけつき【吸血鬼 vampire】
人や動物の生血を吸うとされる魔物(死霊,死者の姿をとることが多い)の総称。これらが,バンパイア,バンピールなどの名に統一・固定されるのは,18世紀以降のヨーロッパにおいてであるが,それ以前にも,またヨーロッパ以外の国々でも,類似の存在は広く知られていた。幼児をさらってその血をすするギリシア神話の女怪ラミア,若者を誘惑して生血を吸うエンプーサ,淫奔残忍なテッサリアの巫女,ポルトガルのブルーカ,アラビアのグール,ドイツのドルドなどがこれである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうけつき【吸血鬼】
人の生き血を吸うという妖怪ようかい。バンパイア。
情け容赦なく他人から吸い上げる人。金貸し・搾取者などをたとえていう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

吸血鬼
きゅうけつき
東ヨーロッパを中心に昔から恐れられている魔物。夜、墓の中から、凶悪犯人、自殺者、破門者、早く埋葬されすぎた者などの死体がよみがえって現れ、長く伸びた犬歯によって熟睡している人の生き血を吸い、吸われた人はこの夜の訪問のとりことなり、死ねば吸血鬼に変じるというのが一般的な伝説である。英語ではバンパイアvampireといい、この語はまた中南米に生息する吸血コウモリを意味する。語源的にはトルコ語のuber(魔女)であり、ウクライナ語ではuper、ブルガリア語ではvapir、セルビア語ではvampirとなって西欧に伝わった。吸血鬼の姿には諸説あるが、手のひらに毛が生えていて、碧眼紅毛(へきがんこうもう)、兎唇(としん)などという。これを永久に絶やすには、ただ殺しただけではだめであって、四つ辻(つじ)に埋め、心臓に杭(くい)を打ち込まなければならない。吸血鬼除(よ)けとしては、鐘、明かり、ニンニクがある。
 吸血鬼が文学に登場するのは、ロマン派の文学がおこった18世紀末以降で、ゲーテの『コリントの花嫁』(1797)、ボードレールの『吸血鬼』(1855)、ル・ファニュの『カーミラ』(1872)などがあるが、もっとも有名なのはブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』(1897)であり、映画化もしばしばなされている。舞台の中心地トランシルバニアはこの伝説に絡んで東欧の観光地になっている。[船戸英夫]
『種村季弘著『吸血鬼幻想』(河出文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうけつ‐き キフケツ‥【吸血鬼】
〘名〙 死霊、または、死人の姿を借りて現われ、人の生血を吸うという魔物。バンパイア。また比喩的に、妖婦、高利貸、搾取者などを、そのようにむごいことをする人間としていう。
※へぼ胡瓜(1921)〈岡本一平〉三「後頭部より追々吸血鬼に精血を吸ひ取られ行き死に果て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸血鬼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吸血鬼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation