@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【りょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


りょ
中国,日本の楽理論用語。中国では,十二律うち,偶数番目にあって性をもつと考えられていた6個のをいう。陽性のに対する。日本では雅楽声明 (しょうみょう) の音階の1つを意味し,本来は,三分損益法によって生じる標準的な五声もしくは七声の音階をいったが,現在の雅楽では,かつて半呂半律ともいったものを呂旋といい,律旋と対置する。また声明では呂の音階でできているとされているを呂曲といい,律曲や中曲と対置した。近世邦楽では,オクターブ関係にある2音の低いほうを呂という。この呂は乙ともいい,この場合の対語は, (かん。または干) であって,律ではない。また漫然と低い音域を呂という。甲 (干) に対する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょ【呂】
日本音楽で、声または楽器の低い音域のこと。甲(かん)に対していう。乙(おつ)。
十二律のうち、陰(偶数律)に属する六音。⇔
催馬楽(さいばら)で、双調(そうじょう)の音を主音とする曲。⇔
呂旋法」の。⇔
呂調」の略。⇔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょ【呂】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ【呂】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉) リョ(漢)
〈リョ〉雅楽などで、陰の調子。「大呂南呂律呂
〈ロ〉当て字。「語呂風呂(ふろ)
[名のり]おと・とも・なが・ふえ
[難読]呂宋(ルソン)・呂律(ろれつ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょ【呂】
中国や日本の音楽用語。中国古代の音楽理論に基づく名称として,1オクターブ内の12個の音律の半分を,残り半分を呂と決めた。この律の音から三分損益(さんぶんそんえき)(法)を1回行って得た音で,律が陽性であるのに対して呂は陰性であると考えられ,〈陽律〉に対して〈陰呂〉ともいわれた。中国十二律のうち偶数番目の大呂(たいりよ),夾(きようしよう),仲呂(ちゆうりよ),林鐘(りんしよう),南呂(なんりよ),応鐘(おうしよう)の6音をいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょ【呂】
日本音楽で、声や楽器の低音域。また、ある音に対して一オクターブ低い音。乙おつ。 ⇔ かん
十二律の各音のうち陰(偶数番目)の六音。 ⇔
中国の音階論の基本となる五声または七声。相対的音程関係は、ファ・ソ・ラ・(シ)・ド・レ・(ミ)の形。日本で考えられた「律」の五声・七声に対していう。 ⇔ 和国は単律の国にて-の音なし/徒然 199
「呂旋りよせん」の略。 ⇔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょ【呂】
〘名〙
① 雅楽で十二律のうち陰に属する音。断金(たんぎん)、勝絶(しょうせつ)、双調(そうじょう)、黄鐘(おうしき)、盤渉(ばんしき)、上無(かみむ)の六音をいう。六呂(りくりょ)。ろ。
菅家文草(900頃)一・賦得詠青「寄書仙鳥止、干呂瑞雲低」
② 呂旋(りょせん)のこと。ろ。
※源氏(1001‐14頃)竹河「女のことにて、りょのうたはかうしも合はせぬをいたしと思ひて」
③ 甲(かん)に対して一段と低い音や調子。たとえば一オクターブ下の音。また、一般に、低い声。乙(おつ)
申楽談儀(1430)祝言音曲「祝言は、りょの声にて謡ひ出べし、深き習ひ有べし」
謡曲の音階で最も低い音。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation