@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

呉竹

デジタル大辞泉プラス

呉竹
山形県酒田市、小松屋が製造・販売する銘菓。庄内浜で採取された青海苔入りの小豆羊羹。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くれたけ【呉竹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くれたけ【呉竹】
中国の呉から渡来したものという
淡竹はちくの異名。 -は葉細く河竹は葉広し/徒然 200

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

呉竹 (クレタケ)
植物。イネ科の多年生常緑竹,園芸植物,薬用植物。ハチクの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉竹 (クレタケ)
植物。イネ科の竹,園芸植物,薬用植物。マダケの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くれ‐たけ【呉竹】
〘名〙 (「くれ」は中国伝来のを表わす語)
① 植物「はちく(淡竹)」の異名
※大和法隆寺文書‐天平宝字五年(761)一〇月一日・法隆寺縁起并資財帳「壱枚漆埿 茎竹形、端銀継」
※本草和名(918頃)「淡竹 一名緑 和名久礼多介」
② 香木の名。分類は羅国(らこく)と真南賀(まなか)の二種がある。
[語誌]通説では「本草和名」にいう淡竹(はちく)。「和名抄」では竹のことという。中国産だが、早くから渡来し、火(ひとり)や杵・臼・箕などの柄の材料となったらしい。観賞用にも植えられ、清涼殿の東庭のものが有名。「枕草子」にはこの竹が晉の王子猷に愛され「此君」と呼ばれた故事があげられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐ちく【呉竹】
〘名〙
① 中国から伝来した竹の一種。くれたけ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・於香椎宮賦所見之事〈釈蓮禅〉「唐蘆岸古何春露〈略〉呉竹籬荒只暮煙」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くれ‐たけ【呉竹】
《中国の呉(ご)から渡来した竹の意》ハチク別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐ちく【呉竹】
胡竹(こちく)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呉竹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation