@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

呉興【ごこう】

世界大百科事典 第2版

ごこう【呉興 Wú xīng】
中国,浙江省北部の県。1979年より都市区は湖州市となり,嘉興地区の中心。北は太湖,南は天目山に臨み,東苕渓(ちようけい)と西苕渓の合流する地点にあり,山野水沢の産物に恵まれる。太湖の東が呉越を結ぶ表通りであるのに対し,太湖の南は浙江と安徽南東部を結ぶルートにあたり,また太湖を渡って蘇州へ至ることも容易であるところから,嘉興とは別の立場から越を制する要衝であった。烏程県が置かれ,三国呉に呉興郡となり,隋から湖州となったが,帰属は蘇州と杭州の間を変転した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

呉興
ごこう / ウーシン
中国、浙江(せっこう)省北部にある湖州(こしゅう)市の市轄区。(ちょうけい)の下流に位置し、太湖(たいこ)に臨み江蘇(こうそ)省に隣接する。人口45万9900(2014)。秦(しん)代に烏程(うてい)県が置かれ、三国呉代は呉興郡の治所であった。宋(そう)代に帰安(きあん)県を分置し、明(みん)・清(しん)代は湖州府の治所とされ、1912年帰安県を合併して呉興県と改めた。1979年湖州市を分置し、1981年湖州市に編入。2003年同市の市轄区となった。
 杭嘉湖(こうかこ)平原の養蚕地帯の中心で、明代後半より製糸、絹織物の生産が発達し、現在も省最大の絹織物工業地帯である。区東部の織里鎮は木綿の集散地、国内最大級の子供服の生産地として知られる。江南でもっとも早く開発された地方で、土壌が肥沃で米の生産が多く、宋代には「蘇湖(蘇州と湖州)熟すれば天下足る」とまでいわれた。杭嘉湖平原の水郷地帯にあるだけに内陸水運は四通八達している。[林 和生・編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごこう【呉興】
中国三国時代、現在の浙江省呉興県の地に置かれた呉の郡および県名。〔呉志‐孫皓伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉興」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呉興の関連情報

関連キーワード

近藤芳美荒川洋治五木寛之金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキー改革・開放セントビンセント・グレナディーン諸島ベイユキリバスシーゲル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation