@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

告朔【コクサク】

デジタル大辞泉

こく‐さく【告×朔/視告×朔】
こうさく(視告朔)
古代中国で、諸侯天子から受けた新しい年の祖先(びょう)に納め、毎月1日にを供えて廟に告げ、その月の暦を国内に施行したこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうさく【告朔】
宮中礼の一つ。視告朔とも書くが,視の字を読まないのが例。中国の制度を継受したものであるが《日本書紀》の天武5年(676)9月(1日)に〈雨降りて告朔せず〉とあるのが文献上の初見である。なお同書の古写本は,告朔を〈ついたちもうし〉と読んでいる。儀制令によると,毎月朔日に天皇が朝堂(大極殿)において,諸司の進奏する公文をみる儀とあり,その公文は,諸司が前月作成した,牒(ちよう)などで,それに施行の有無を注したもの,また前月の行事や,あるいは奉写一切経所告朔解(《正倉院文書》)のごとく,同所が前月使用した料紙や用残物を書き上げた収支決算書など,広範囲にわたっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ついたちもうし【告朔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

告朔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

告朔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation