@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

告白録【こくはくろく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

告白録(ルソーの自伝)
こくはくろく
Les Confessions
フランスの思想家ジャン・ジャック・ルソーの自伝。『告白』『懺悔録(ざんげろく)』とも訳される。1764~70年に書かれ、第1部(6巻、1781)、第2部(6巻、1788)ともに死後出版。世間の誤解を解くとともに、将来の人間研究の資料を提供しようという目的で書かれた。ルソーは自分の一生を、作家になる前とその後に分け、前半生を幸福な時代、後半生を不幸になった時代としてとらえていたが、作品にもそうした考え方が反映し、2部に分けられている。第1部の少年時代、青年時代の記述は、率直かつ詳細なもので、ときには卑しい行為や性的異常をも、はばかることもなく描いている。ユーモアあり悔恨あり、それが過ぎ去った時代をふたたび生きる喜びと混じり合い、いまなお読者を魅了してやまない。第2部は、晩年の被害妄想の影響下に書かれたため、また、昔の友人たちへの遠慮からか、第1部と比較すると精彩を欠き、暗いものとなっている。思想家ルソーのひととなりを知るための第一級の資料であるとともに、自伝文学の傑作の一つ。日本では、明治初期、自由民権運動の時代に、『社会契約論』が影響力をもったのにかわって、明治後期(1891年、森鴎外(おうがい)のドイツ語訳からの抄訳が本邦初訳)、島崎藤村(とうそん)など、日本における近代文学の成立に『告白』の影響はみられる。[原 好男]
『井上究一郎訳『告白録』全3冊(新潮文庫) ▽中川久定著『自伝の文学』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

告白録」の用語解説はコトバンクが提供しています。

告白録の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation