@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

周東【しゅうとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

周東
しゅうとう
山口県東部,岩国市南西部の旧町域。島田川上流部にある。 1955年高森町と祖生村,米川村,川越村の3村が合体して周東町が発足。 2006年岩国市,由宇町,玖珂町,本郷村,町,美川町,美和町の1市5町1村と合体して岩国市となった。中心集落の高森は山陽道宿場町として発達。大部分山地で,木材マツタケ,シイタケを産する。島田川沿岸は,米,野菜を産する農業地域。岩国市の沿岸部や周南市徳山の工業発展に伴い,住宅地化が進んだ。極楽寺,通化寺などの古刹がある。無線中継所のある高照寺山 (645m) は展望のよい景勝地。周防祖生の柱松行事は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうとう【周東】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

周東
しゅうとう

山口県東部、玖珂郡(くがぐん)にあった旧町名(周東町(ちょう))。現在は岩国市の南西部を占める地域。旧周東町は、1955年(昭和30)高森町(1924年町制)と祖生(そお)、米川(よねがわ)、川越(かわごえ)の3村が合併して成立。2006年(平成18)岩国市と合併した。旧町名は周防(すおう)国の東部の意。地域の北西部は周防山地で、中央部は穀倉地帯玖珂盆地の主要部を占め、南部は花崗(かこう)岩の丘陵地。古代の柞原(くはら)郷の地で、上久原一帯に条里制遺構を残す水田が広がる。近世山陽道の宿駅、市場町として発達した高森は、かつては旧周東町町役場があったが、現在も町役場に代わって岩国市周東総合支所が置かれている。国道2号、376号、437号とJR岩徳(がんとく)線、山陽自動車道が通じ、岩国市街地をはじめ、南の柳井(やない)、西の下松(くだまつ)や周南など工業都市の通勤圏内にあって、近年ベッドタウン化が進んでいる。県下でもっとも畜産(肉牛、養鶏)の盛んな地域であり、周辺の花崗岩丘陵の赤松林はマツタケの特産地。祖生の柱松(はしらまつ)行事は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

[三浦 肇]

『『周東町史』(1979・周東町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

周東 しゅうとう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

周東」の用語解説はコトバンクが提供しています。

周東の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation