@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

周辺機器【シュウヘンキキ】

知恵蔵

周辺機器
コンピューターと接続されて、直接間接に制御を受けている装置。補助記憶装置も周辺機器の一種。ほかに人間がデータをやりとりするための画像表示装置(ディスプレー)、キーボードや印字装置(プリンター)などの入出力をつかさどる周辺機器もある。また、ネットワークを介して他のコンピューターやネットワークと接続するための通信制御装置も重要な周辺機器。現在、種々の情報機器とインターフェースを介して結合し、いたるところに存在するコンピューター(ユビキタス・コンピューティング)は、社会の重要なインフラとして定着してきている。
(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

周辺機器
パソコンに内蔵したり外付けしたりして使う、パソコン以外の機器のことです。厳密な意味では、ディスプレイやキーボード、マウスも周辺機器に属しますが、一般にはプリンタやスキャナのようにパソコンに標準では付属せず、あとから追加する機器のことを指します。
⇨オプション

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

IT用語がわかる辞典

しゅうへんきき【周辺機器】
コンピューターに接続して使用する各種機器の総称。キーボードマウスイメージスキャナーなどの入力装置、ディスプレープリンターなどの出力装置、モデムルーターなどの通信機器、およびハードディスクをはじめとする補助記憶装置がある。◇「周辺装置」「ペリフェラル」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅうへん‐きき〔シウヘン‐〕【周辺機器】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

周辺機器
しゅうへんきき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周辺機器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

周辺機器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation