@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

呪医【じゅい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

呪医
じゅい
medicine man; witch doctor
主として呪術的な手法によって病気治療を行う職能。地域や場合によって,呪術に依存することもあれば,近代医学の見地からも十分に承認することができる薬草などを用いることもあり,あるいはまた一種の精神分析的な療法を行なっている場合もあるが,多くの場合それらの複合である。シャーマン司祭呪術師,日本の陰陽師などは,しばしば呪医でもある。また特定,特殊な家族や家筋から選ばれることも多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅ‐い【呪医】
呪術的方法で病気の診断や治療を行う者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅい【呪医 medicine man】
呪術的方法をとする病気治療者のこと。一般的に言えば,呪術的方法とは,因果関係についての一定原理前提として,神霊などの人格的な力や非人格的な神秘的力を直接に統御し操作しようとする行為である。
病因論と診断]
 呪医が指摘する病因は二つのタイプに分けることができる。第1のタイプは,食べ過ぎや冷たい雨にうたれたといったような直接的な病因である。第2のタイプは,病状に対してだれが責任があるのかという観点からみられた病因である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じゅ‐い【呪医】
〘名〙 未開社会にあって、近代医学によらないで信仰に基づいて呪薬・呪具・祈祷などによって病気やけがを治療することを業とする者。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呪医」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呪医の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation