@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【じゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


じゅ
mantra; dhāraṇī; vidyā
福利をもたらしたり,災難を除いたりする場合に称えられる,魔術な力をそなえた言葉。インド最古の聖典であるベーダ本集に集められている賛歌も,特定の祭式的状況のもとでは一種呪文としての意味をもつから,呪の歴史は古代にまでさかのぼる。仏教でも特に密教の場合,重要なものとして行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


まじない
禁厭,厭などともいう。神仏や神秘的な超自然力に頼って災厄を免れたり,それを負わせたりしようとする一種の呪術。科学技術の発展によって衰え,遊興行事俗信とみなされるものも多いが,地域や宗教によって多種多様な形態をもつ生活技術の一つともいえる。たとえば日本の虫送りや道切り,雨乞いなど,また一般に出産や収穫にまつわるものなどの多くは前者とみることができるが,啓示や技術を修得することによって病気に対応処置することなどは生活の知恵ともいえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅ【呪】
他人に災いが生じるように神に願うこと。のろい。呪詛(じゅそ)。
自分の災いを取り除くために神仏に願うこと。呪術(じゅじゅつ)。まじない。
仏語陀羅尼(だらに)。真言(しんごん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅ【呪】[漢字項目]
常用漢字] [音]ジュ(慣) [訓]のろう まじなう まじない
のろう。のろい。「呪詛(じゅそ)
まじなう。まじない。「呪術呪文(じゅもん)
[補説]「咒」は異体字。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まじない【呪】
呪術,呪法ともいい,英語のmagicに相当する。まじないは,人間がある特定の願望を実現するために直接的または間接的に自然に働きかけることをいうが,その願望を実現するために事物に内在する神秘的な力,霊力を利用するのである。科学が客観的に事物に存在する力や法則を使うのに対し,まじないでは主観的に内在すると信じられている霊力を動員し利用する。呪力は事物の中に存在し,そこから独立できないでいると信じられる超自然的な力である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

じゅ【呪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


じゅ

密教における三密のなかの口密(くみつ)(語密)に相当する重要な実践要素で、「しゅ」ともいう。同類の語に真言(しんごん)、陀羅尼(だらに)、密語(みつご)、密言(みつごん)、明(みょう)、神呪(しんじゅ)、密呪(みつじゅ)、密号(みつごう)などがある。真言、呪文といえば、なにか神秘的なまじないを連想するが、本来は仏菩薩(ぶつぼさつ)の秘密語である。古くはインドの『リグ・ベーダ』聖典における神々への賛歌も一種の呪文である。中国においては道教の呪禁の法との融合もみられる。

[小野塚幾澄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かしり【呪】
〘名〙 (動詞「かしる(呪)」の連用形の名詞化) 呪文を唱えて、神仏に祈り、福や災いについて願うこと。また、それをする人。
※書紀(720)神武即位前「厳呪詛、此をば怡途能伽辞離(いつのカシリ)と云ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かし・る【呪】
〘自ラ四〙 呪文を唱えて神仏に祈り、福や災いについて願う。→かしり
※書紀(720)欽明二三年六月(寛文版訓)「咒(カシリ)て曰く『吾が手をもちて投るに非ず』といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ず【呪】
〘名〙
① 呪文(じゅもん)。となえごと。
※延喜式(927)祝詞「東(やまと)の文の忌寸部(いみきべ)の横刀(たち)献る時の呪」
② 仏語。まじないのことば。呪文。密呪。→じゅ(呪)
※有明の別(12C後)二「やくしのずをかへすがへすよみ給ふに、御もののけあらはれいでて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のろわし・い のろはしい【呪】
〘形口〙 のろはし 〘形シク〙 (動詞「のろう(呪)」の形容詞化) のろいたい気持である。のろいがかかっているようである。
※袈裟と盛遠(1918)〈芥川龍之介〉上「己はその呪(ノロ)はしい約束の為に」
のろわし‐げ
〘形動〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まじ‐ない ‥なひ【呪】
〘名〙 (動詞「まじなう(呪)」の連用形の名詞化)
① 神仏や神秘的なものの威力を借りて、災いや病気を取り除いたり、他人に災いを与えたりすること。また、その術。禁厭(きんよう)。符呪(ふじゅ)。まじないごと。
※源氏(1001‐14頃)若紫「わらはやみにわづらひ給てよろづにまじなひ、加持など参らせ給へど」
② ごまかすこと。うわべをうまくとりつくろうこと。また、相手の機嫌を巧みにとること。まじくない。
※雑俳・折句大全(1803)「まじないの利く婆嫁を可愛がる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まじ‐な・う ‥なふ【呪】
〘他ワ五(ハ四)〙
① 神仏や神秘的なものの威力を借りて、災いや病気を除いたり、災いを起こしたりするようにする。
※書紀(720)用明二年四月(図書寮本訓)「遂に太子(ひつきのみこ)彦人(ひこひと)皇子の像(みかた)と竹(たけ)田皇子の像とを作りて厭(マシナフ)
② 転じて、ごまかす。うわべを、うまくとりつくろう。
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)三「廿五文が駕籠相輿(あひごし)で振廻(ふるまふ)所を、三文が地黄玉でまじなふた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のろわのろはし【呪】
〘形シク〙 ⇒のろわしい(呪)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation