@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

呼名【コメイ】

デジタル大辞泉

こ‐めい【呼名】
[名](スル)
名前を呼ぶこと。また、呼び名。「呼名点呼」「生徒を一人ずつ呼名する」
川柳の句会で、入選句の披講の際に作者乗り出ること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よび‐な【呼(び)名】
物や人が普通に呼ばれている名。特に、正式の名前に対して平常呼ばれている名。通称。通り名。「親分の呼び名で通っている男」
平安時代宮中女官を官名や国名などをつけて呼んだもの。紫式部清少納言伊勢などの類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よびな【呼名】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こ‐めい【呼名】
〘名〙 名前を呼ぶこと。また、よびな。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よび‐な【呼名】
〘名〙
① 一個または一類の人や品物などを他と区別して指示する語。名称。呼称。
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)二「この外に猫のよび名を、物に記せしを見ざる也」
② 実名などに対して、平常となえる名前。通称。通り名。仮名(けみょう)
※大道無門(1926)〈里見弴〉隠家「ここで『居間』と呼び馴らはされてゐるのは〈略〉呼(ヨ)び名(ナ)ほどには居心地のいいわけでもなかったが」
③ 平安時代以降、宮中の女房に官名や国名などをつけて呼んだ名。「清少納言」「相模(さがみ)」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呼名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呼名の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation