@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

命綱【イノチヅナ】

デジタル大辞泉

いのち‐づな【命綱】
高い場所や海の中などの危険な場所で仕事をするとき、用心のためにからだに巻きつけておく綱。また、救命ブイや救助艇にわたす綱など。
命の綱」に同じ。「この資金が最後の命綱だ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いのち‐づな【命綱】
〘名〙
① 危険な所で仕事をする時など、生命の安全をはかるために体に縛り付けておく綱。
※剥製(1969)〈三浦哲郎〉二「その代り、腰に命綱をつけていけ」
② 廻船の綱具のうち、最上の加賀苧綱(かがおづな)の俗称。おもに碇綱(いかりづな)として用い、「かがす」とも呼ばれる。
※宝暦漂流物語(1754)「かがすとは、船中に命綱とて、太綱の七八十尋もあるを」
③ 救命ブイ、救命いかだ、救助艇などの周囲についている綱、船の甲板に張ったつかまり綱、難破船に渡して連絡を取る綱など。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二「ハッチの上を通るやうに、ライフライン(命綱)が張られた」
④ (比喩的に) 命、あるいは生活をささえるたよりになるもの。生存あるいは存続のための基盤。命の綱。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉伸び行く「その人さへ僕を信じ愛してゐてくれるなら、と、それを最後の命綱(イノチヅナ)にしてゐたんですが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

命綱
いのちづな
腰綱」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

命綱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

命綱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation