@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

咄本【はなしぼん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

咄本
はなしぼん
笑話や小咄を集めた本。噺本とも書く。江戸時代全般を通じて盛んに出版された。初期の『昨日 (きのう) は今日の物語』『醒睡笑 (せいすいしょう) 』などは,大名や貴族の御伽 (おとぎ) 衆が関係し,話も武家や僧侶を扱ったものが多かった。しかし,これらが庶民向けの笑話の流行を促し,天和 (1681~84) 頃から職業的な咄家として露の五郎兵衛,鹿野武左衛門らが現れ,軽口咄が流行した。咄本はこれら舌耕文芸としての咄と密接な関係をもち,のちには作者も題材も庶民階級のものとなった。天明年間 (1781~89) には烏亭焉馬 (うていえんば) を中心に「咄の会」が結成され,そこから多くの江戸好みの咄本が刊行されて咄本の全盛期を招き,その間滑稽本の隆盛を導いた。五郎兵衛の『軽口露がはなし』,武左衛門の『鹿野武左衛門口伝咄』,『鹿の巻筆』 (1687) ,木室卯雲 (ぼううん) の『鹿の子餅』 (1772) ,焉馬の『無事志有意 (ぶじしゅうい) 』 (98) などに代表される。 (→江戸小咄 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はなし‐ぼん【×咄本/×噺本/話本】
江戸時代に、当時の笑い話・小咄などを集めて出版した本。「醒睡笑(せいすいしょう)」「鹿(か)の子餅」など。小咄本。笑話本。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はなしぼん【咄本】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

咄本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

咄本の関連情報

他サービスで検索

「咄本」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation