@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

和服地【わふくじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和服地
わふくじ
きもの用布地のこと。反物 (たんもの) ともいい,通常,並幅 (約 36cm) で,鯨尺の3丈 (約 11.4m) 前後を1とし,折りたたむか,直径 5cmぐらいの紙筒に巻いて製品となっている。おとなのきもの1着分なので着尺ともいう。また2反続きを1匹と称することもあり,これを切って羽織を仕立てるが,最近は羽織丈が短くなったので,鯨尺2丈 (約 7.6m) 足らずの羽尺が出ている。布幅は鯨尺9寸~1尺 (約 34~38cm) で,縫い代が十分に取ってある。また裏地として,胴裏裾回し,羽裏や帯のための帯地があり,木綿,麻,羊毛化学繊維などが用いられ,性別,年齢,きものの種類,目的などによって多種多様のものができている。このほか洋服地が使われることもあり,広幅の和服地も出ている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和服地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和服地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation