@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

和歌山だいこん

デジタル大辞泉プラス

和歌山だいこん
和歌山県で生産されるダイコン江戸時代から当地で盛んに栽培されていたダイコンについて、大正期に県農事試験場が系統特性調査を実施し、野崎系、御膳松系を優良種として命名したもの。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

和歌山だいこん[根菜・土物類]
わかやまだいこん
近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
主に和歌山市で生産されている。紀州白・尻太和歌山・紀州青首・和歌山など白上り群に属するだいこんの総称。純白で肉質豊か。江戸時代中期、参勤交代の際に江戸から持ち込まれたものが起源といわれる。大正時代には農事試験場が調査を実施。度重なる系統選抜を経て1919(大正8)年、和歌山大根1号・和歌山大根2号が育成され、漬物用として人気を博した。昭和30年代までは盛んに生産されていたが、青首大根普及により、栽培は減少近年農家の自家用や漬物業者の契約栽培として生産されている。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和歌山だいこん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和歌山だいこんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation