@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

和琴【わごん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和琴
わごん
雅楽の楽器。日本固有の唯一の弦楽器。和の祖型は,静岡県静岡市登呂出土の木製の実物や,群馬県出土の埴輪にみられる。福岡県宗像市沖ノ島出土の鴟尾琴とびのおごと。鵄尾琴とも書く)の雛型もその発展を示している。今日の和琴はに似て,材のに絹製の 6本のを張り,可動のカエデのふたまた)で調し,琴軋(ことさぎ,ことさき)という義甲(→)を用いて奏する。胴長約 190cm。幅は頭部が約 15cm,尾部が約 24cm。尾端にの歯型の切れ込みが 5ヵ所あり,それによって生た凸部を弰頭(はずがしら)という。弰頭にかけた葦津緒(あしづお。白,黄,浅黄,薄萌葱の 4色のより糸)に弦を連結する。古くは貴族に愛好され娯楽にも用いられたが,平安時代以降は神事に使用された。今日,神楽東遊大和歌などに使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わ‐ごん【和琴/×琴】
日本の弦楽器の一。神楽東遊(あずまあそ)びなど、雅楽の日本古来の歌舞に用いる6弦の琴。多くは桐(きり)製で、長さ約190センチ。柱(じ)はカエデの枝をそのまま用いる。右手に持った琴軋(ことさき)(長さ7センチほどの鼈甲(べっこう)製の(ばち))と左手の指でく。やまとごと。あずまごと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わごん【和琴】
雅楽に使う弦楽器。やまとごととも読み,倭琴,大和琴とも書く。また東琴(あずまごと)その他多くの呼称がある。現在,神楽歌,東遊,大歌,久米歌誄歌(るいか)などで歌の伴奏に用いる。箏(そう)に似た形で,(そう)に6本の弦を張ってある。槽はふつう桐材で,1木を舟形にくりぬき裏板をつけてあり,全長190cm前後,横幅は本(もと)(頭部)の端が約15cm,末(すえ)(尾部)の端が約24cm。尾端に櫛の歯型の切り込みがあって6部分に分かれ(弰頭(はずがしら)という),それより中央寄りに通弦孔が6個あり,本につけた横木にも通弦孔が6個ある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やまとごと【和琴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わごん【和琴】
神楽かぐら・東遊あずまあそびなど雅楽の国風くにぶりの歌舞うたまいに用いる六弦の琴。全長約1.9メートル。柱は楓かえでの枝を皮付きのまま用いる。右手の琴軋ことさき(鼈甲べつこう製の義甲)で搔き鳴らし、また左手の指先でも弾はじく。大和琴やまとごと。東琴あずまごと

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

和琴
わごん
日本のチター属弦楽器の一つ。かつては「やまとごと」「あずまごと」などともよばれ、平安時代は貴族の男女の遊びの場で楽器演奏や歌の伴奏に盛んに使われた。その後、貴族の没落とともに衰退し、現在では皇室関係の儀式、宮中雅楽演奏、神社・寺院の法要など、おもに神道(しんとう)系雅楽演奏の、ごく限られた場でのみかろうじてその存在を保っている。
 歴史的にみると、縄文遺跡から出土するへら状の突起形木製品、現在アイヌに伝承されているトンコリ(五弦琴)、弥生(やよい)遺跡から出土する突起形木製品など、和琴との関連を示唆する例が多い。古墳遺跡から出土する埴輪(はにわ)の弾琴像に表されている「こと」に至っては、きわめてその可能性が強い。正倉院に伝来する奈良時代遺物と考えられる和琴は、確実に現行和琴につながる。奈良・平安時代の和琴は、その時代の箏(こと)と同様に本体全体に漆塗りをし、表板には蒔絵(まきえ)などで文様を描いた例が多い。中世になると装飾が省かれ、本体は素地(きじ)のままの方向をたどり、現行和琴のような外観となる。
 現行和琴の本体の長さは約190センチメートル、頭端(ずたん)幅は約15センチメートル、尾端(びたん)幅は約24センチメートル。側面をくり出した表板に裏板を接着してつくる。中は空洞。表板の尾端は6本の突起状形につくる。材質は桐(きり)が多い。この本体に、撚(よ)って太くした絹糸弦が6本張られる。各弦は手前から、D4―A3―D3―B3―G3―E3(神楽(かぐら)・久米歌(くめうた)用)、F#4―C#4―B3―A4―E4―A3(東遊(あずまあそび)用)などのように、柱(じ)を立てて調律される。柱はカエデの枝の二(ふた)また部分をそのまま利用する。柱の高さは約6.5センチメートル。演奏に際しては、長さ約7.5センチメートルのべっこうまたは水牛角製のへら状ピック(琴軋(ことさぎ))を右手に持って弾く。6本の弦を順番に弾くか、あるいは左指で順番にはじく奏法が主で、これらを最初から最後まで何度も繰り返す。そのため、つねに同様な旋律が生ずる結果となり、曲ごとによるオリジナリティーはほとんど認められない。[宮崎まゆみ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和琴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和琴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation