@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

和田【わだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和田
わだ
千葉県南部,南房総市東部の旧町域。房総半島南部に位置し,太平洋に面する。 1890年町制。 1955年北三原村と合体。 1956年南三原村の一部を編入。 2006年富浦町,富山町,三芳村,白浜町,千倉町,丸山町と合体して南房総市となった。中世には里見氏の支配下にあり,近世には江戸幕府の直轄地となった。海岸部は無霜地帯で,花卉栽培が行なわれる。和田漁港は江戸時代から続く関東で唯一の捕鯨の本拠地として知られる。内陸部は米作酪農が盛ん。和田浦は岩石海岸で景色がよく,南房総国定公園の中心の一つをなす。嶺岡浅間 (336m) 南麓にあたる北部一帯は嶺岡山系県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田
わだ
長野県中部,長和町西部の旧村域。筑摩山地南端に位置する。 1889年村制。 2005年長門町と合体して長和町となった。千曲川支流依田川の上流域にあり,大部分が山林。近世は中山道宿場町で,南西和田峠を控えてにぎわった。和田峠から男女倉口までの約 5kmは当時の面影がよく残され,中山道として国の史跡指定されている。林業とエノキダケなどの栽培が行なわれる。一部は八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わだ【和田】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わだ【和田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

和田
(長野県小県郡長和町)
中山道六十九次」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わだ【和田】
長野県中央部の地名。和田峠の北東側一帯を占める。江戸時代は中山道の長久保(長窪)と下諏訪との間の宿駅として発達。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わだ【和田】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation