@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【さき】

精選版 日本国語大辞典

さき【咲】
〘名〙 (動詞「さく(咲)」の連用形の名詞化) 花が開くこと。咲くこと。
※万葉(8C後)二〇・四四五〇「わが背子がやどのなでしこ散らめやもいや初花に佐伎(サキ)は増すとも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ・く【咲】
〘自カ五(四)〙 花のつぼみがひらく。
※書紀(720)大化五年三月・歌謡「もとごとに 花は左該(サケ)ども 何とかも 愛(うつく)し妹が また左枳(サキ)出来ぬ」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「かの白くさけるをなむ、夕顔と申し侍る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

咲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation